バレーボール
  • オリンピック新競技
    東京1964
詳細

バレーボール スポットライト

東京2020のベストシーン

Olympic Channel

Olympic Channelで 過去の大会を振り返り、バレーボール関連のオリジナル作品やシリーズを見よう。

歴史

バレーボール

バレーボールは、バスケットボールよりも激しくなく、より多くの人が楽しめるスポーツとして考案されました。バレーボールは瞬く間に人気を博し、1964年にオリンピックデビューを果たしました。

2競技の歴史

バスケットボールとバレーボールは、いずれもマサチューセッツ州のスプリングフィールド大学で数年のうちに生まれました。1895年、バスケットボールが競技として発展する様子を目の当たりにしたウィリアム・G・モーガンは、高齢者でも楽しめるスポーツを作ることを考えました。モーガンはこの競技を「ミントネット」と名付けましたが、地元の教授が、ボールが地面につく前に打ち返される(ボレー)ことに注目し、すぐに改名しました。

発展と成長

この競技は瞬く間に世界中に広まり、1896年までには日本でもプレーされるようになり、それに続いて他のアジア諸国にも広まりました。その後20年間で急速に発展。特別にデザインされたボールが登場し、6人制が標準となり、3回以内に返球するというルールが設けられました。