スケルトン
  • オリンピック新競技
    サン・モリッツ1928
  • 最多金メダル
    Lizzy Yarnold (GBR)
詳細

スケルトン スポットライト

Olympic Channel

Olympic Channelで 過去の大会を振り返り、スケルトン関連のオリジナル作品やシリーズを見よう。

歴史

スケルトン

スケルトンは、急勾配の氷のコースを小さなそりに乗って滑る競技で、頭を進行方向に向け、うつ伏せでコースを降下します。世界初のスライディングスポーツと言われています。

始まりはスリルを求めた旅行者

そりは最も歴史が古いウィンタースポーツのひとつ。16世紀の文献にその記述が見られますが、レーススポーツとしては、19世紀半ばにイギリス人観光客がアルプスの雪道を滑ったのが始まりと言われています。1882年、イギリス人とアメリカ人の旅行者がスイスのダボスに最初のトボガン(小型のそり)コースを作りました。

クレスタラン

スケルトンの歴史は、サン・モリッツの伝説的なコース、クレスタランに端を発しています。この競技は、スイスのこのリゾート地で富裕層のためのスポーツとして進化を遂げました。1913年、小説家のE.F.ベンスンが用いた「メッカ、サンピエトロ大聖堂、そしてクレスタランはこの世にひとつだけ」という表現がクレスタランの歴史を物語っています。