Olympic Channel

Olympic Channelで 過去の大会を振り返り、射撃関連のオリジナル作品やシリーズを見よう。

歴史

射撃

1896年に開催された第1回オリンピックでは5種目のみだった射撃競技は、現在では15種目と、銃器技術の進歩とともに着実に成長を遂げています。

射撃クラブ

スポーツとしての射撃は、ヨーロッパ諸国で何百年も前から行われていました。ドイツの射撃クラブの中には、500年以上の歴史を数えるものも存在しています。とりわけ英語圏の国々での人気が高く、1859年にはロンドンのウィンブルドンでナショナル・ライフル協会が、1871年にはアメリカでも全米ライフル協会が設立されました。

オリンピック競技には15の種目があり、ライフル、ピストル、ショットガン(散弾銃)の3グループに分類されます。ライフルとピストルの競技は射撃場で行われ、選手は10m、25m、50mの距離から標的を狙って撃ちます。ショットガン競技では、様々な方向や角度に向けて発射されたクレーと呼ばれる皿状の標的を撃ち落とします。