セーリング
  • オリンピック新競技
    パリ1900
  • 最多金メダル
    Ben Ainslie (GBR)
詳細

セーリング スポットライト

Olympic Channel

Olympic Channelで 過去の大会を振り返り、セーリング関連のオリジナル作品やシリーズを見よう。

歴史

セーリング

セーリングは、風力を利用して船を動かす技術を競うスポーツです。刻々と変化する状況を攻略するには、優れた技術と経験が必要です。

アメリカズカップ

名高い国際ヨットレースであるアメリカズカップは、1851年にニューヨーク・ヨットクラブの有志が「アメリカ号」と名付けた101フィートの帆船を建造したことから始まりました。このヨットはイギリスまで航海し、ワイト島を周回するレースに参加して優勝。ハンドレッド・ギニー・カップと呼ばれるトロフィーを持ち帰りました。このトロフィーは「アメリカズカップ」と改称され、1983年にオーストラリアの船艇がニューヨーク・ヨットクラブの132年の連勝記録に終止符を打つまで、アメリカが保持しつづけました。

進化するデザイン

セーリングが初めてオリンピック種目として採用されたのは、1900年のパリ大会。以降、ヨットのデザインや技術の進歩にあわせて、競技に参加できる艇のクラスは絶えず進化していきました。とりわけ過去20年では、機器の進歩により、より小型で軽量の艇がトレンドとなり、操縦するセーラーたちには、以前にも増して運動能力と技術力が求められるようになっています。