ボート
  • オリンピック新競技
    パリ1900
  • 最多金メダル
    Elisabeta Oleniuc-Lipă (ROU)
詳細

ボート スポットライト

東京2020のベストシーン

Olympic Channel

Olympic Channelで 過去の大会を振り返り、ボート関連のオリジナル作品やシリーズを見よう。

歴史

ボート

ボートは、固定されたオールを使ってボートを漕いで順位を競う競技。現在は、漕ぎ手は1人、あるいは2人、4人、8人のクルーでレースを行います。

ボートレース

ボートは、古代エジプトやギリシャ、ローマでは輸送手段として使われていました。スポーツとして行われるようになったのは、17世紀から18世紀初頭のイングランドが始まりではないかといわれており、オックスフォード大学とケンブリッジ大学の対抗レースは、1828年に初回大会が行われています。19世紀にはヨーロッパで人気となり、その後アメリカにも伝わりました。

スカルとスウィープ

種目はスカルとスウィープの2種類に分かれます。スカルはオールを右手と左手、あわせて2本持って漕ぐ競技。一方、スウィープは1人1本ずつ持って漕ぎます。8人で漕ぐスウィープの「エイト」には舵手(コックス)が乗って、漕ぎ手たちに指示を出します。その他の種目では、漕ぎ手のひとりが足元のペダルをコントロールして舵を取ります。