Olympic Channel

Olympic Channelで 過去の大会を振り返り、近代五種関連のオリジナル作品やシリーズを見よう。

歴史

近代五種

古代ギリシャでは、ペンタスロン(五種競技)は、大会のクライマックスに位置づけられていました。そして近代オリンピックに登場してから、この競技は大きな進化を遂げています。

古代の競技種目

古代の五種競技は、短距離走、走り幅跳び、やり投げ、円盤投げ、レスリングで構成されていました。五種競技は非常に重要な種目と位置づけられており、優勝者には、ラテン語で「競技の勝者」を意味する "Victor Ludorum" の称号が与えられていました。

現代の競技形式

現代の五種競技は、1912年のストックホルム大会でクーベルタン男爵が考案したもので、ピストル射撃、フェンシング、水泳、馬術、ランニングで構成されています。クーベルタン男爵は、この競技では「身体能力や技術だけでなく、道徳的な品格も備えている真の万能アスリートであるかが試される」という信念をもっていました。