Olympic Channel

Olympic Channelで 過去の大会を振り返り、空手関連のオリジナル作品やシリーズを見よう。

歴史

空手

空手は古代から伝わる武術・格闘技で、現在の型は、日本の沖縄諸島が琉球王国だった15世紀に発祥したものを起源としています。

1920年代に日本全国で人気が広がり、第二次世界大戦後には世界へ拡大しました。

空手の競技者は「空手家」と呼ばれます。空手は、「組手」と「形」のふたつの様式で構成されています。1対1の対戦形式で行う「組手」では、制限時間の3分以内に8ポイント差をつけるか、あるいは制限時間の終了時にポイントの多い方が勝者となります。同点の場合は、先にポイントを獲得していた選手が勝者となり(先取)、無得点の場合は審判の多数決で勝敗が決まります(判定)。