Olympic Channel

Olympic Channelで 過去の大会を振り返り、柔道関連のオリジナル作品やシリーズを見よう。

歴史

柔道

柔道は、古代の武士たちの戦闘手段であった柔術から派生したもので、相手を床に投げつける投技や、相手の動きを抑えこむ固技などがある。

日本による定義

柔道は1880年代に発達した日本の伝統的な格闘技だ。様々な流派の特徴を組み合わせてルールを成文化したのは嘉納治五郎(1860-1938)で、柔道がもつ哲学的な概念を重んじた彼は、そこに身体的、知的、道徳的な教育法を加えて、柔術にあった危険な部分を取り除いた。嘉納氏は1882年に最初の学校(道場)を開設している。

「しなやかさの道」

日本語の「柔道」を直訳すると、「しなやかな道」を意味する。柳の枝には、雪の重みでしなっても決して折れない強さがある、といった発想にもちなんだものだ。とはいえ5分間の対戦は決して穏やかとは言いがたく、肉体的な要求は、ボクシングやレスリング並に厳しい。