フリースタイルスキー
  • オリンピック新競技
    アルベールビル1992
詳細

フリースタイルスキー スポットライト

Olympic Channel

Olympic Channelで 過去の大会を振り返り、フリースタイルスキー関連のオリジナル作品やシリーズを見よう。

歴史

フリースタイルスキー

フリースタイルスキーは、スピード、ショーマンシップ、空中で技を決める能力を合わせた競技です。

“離れ業”

20世紀初頭のノルウェー、イタリア、オーストリアで、スキー板をつけたまま前方宙返りをする人々がいたことが記録が残っているほか、1920年代に入り、アメリカのスキーヤーがフリップやスピン系の技に取り組むようになったと言われていますが、本格的にフリースタイルスキーがスポーツとして始まったのは1960年代のアメリカ。社会の変化や表現の自由を求める動きに加え、スキー用具が進化したことで、斬新かつエキサイティングなテクニックが発展していきました。当時のフリースタイルスキーは、息を呑むようなアクロバティックなトリック、ジャンプ、スポーツとしての興奮から、“離れ業(hotdogging)” と称されました。

競技として認定

フリースタイルスキーは、1979年に国際スキー連盟(FIS)に競技として認定されました。設立された運営組織により、危険すぎる技を抑制するための新たな規則が設けられ、翌年からFISワールドカップシリーズがスタートしました。