Olympic Channel

Olympic Channelで 過去の大会を振り返り、フェンシング関連のオリジナル作品やシリーズを見よう。

歴史

フェンシング

剣術と決闘

ルクソールの寺院で発見された紀元前1190年前後の彫刻にフェンサーが刻まれていたことが証明する通り、剣術の歴史は数千年にも及びます。16世紀から18世紀にかけて、六尺棒やバックソードなど、あらゆる武器を用いての決闘は日常茶飯事でした。決闘により流血し、致命傷を負うこともありました。

競技の誕生

フェンシングは14世紀か15世紀に、軍隊のトレーニングから生まれた競技といわれています。イタリアとドイツがそれぞれ元祖と主張していますが、ドイツは15世紀の1478年に有名な剣術家団体、聖マルコ兄弟団を設立しました。

ルール

競技者の安全性を確保するため、剣の先端が尖っていない剣を用いるフルーレ、ターゲットエリアの統一、ワイヤーメッシュのマスク着用という3点のイノベーションが17世紀と18世紀に起こったことにより、スポーツとしてのフェンシング人気が高まりました。