自転車トラックレース
  • オリンピック新競技
    アテネ1896
  • 最多金メダル
    Chris Hoy (GBR) / Jason Kenny (GBR)
詳細

自転車トラックレース スポットライト

Olympic Channel

Olympic Channelで 過去の大会を振り返り、自転車トラックレース関連のオリジナル作品やシリーズを見よう。

歴史

自転車トラックレース

木製インドアトラック

1870年代初頭、イングランドではトラックレースに多くの人々が観戦に足を運びました。選手は現代のヴェロドロームに近い木製のインドアトラックで競い合っていました。インドアトラックのおかげでいつでも大会を開催できた上に、プロモーターにとっても観客からの入場料収入があったため、メリットは大きかったのです。

オリンピック競技としての歴史

自転車競技のトラックレースは、1896年の大会から開催されています。唯一実施されなかったのは1912年のストックホルム大会だけで、同大会ではロードレースが行われました。1924年から1992年までは、スプリント、1kmタイムトライアル、タンデムと団体パシュートが実施されていました。個人パシュートは1964年の東京大会から正式種目に加わり、タンデムは1972年のミュンヘン大会で種目から除外されました。

女子のトラックレースが種目化されたのは1988年のソウル大会からで、スプリントが実施されました。1992年には女子の個人パシュートが行われました。2000年のシドニー大会では、女子500mタイムトライアル、ケイリン、マディソンが種目に加わりました。