自転車BMXフリースタイル
  • オリンピック新競技
    東京2020
詳細

自転車BMXフリースタイル スポットライト

東京2020のベストシーン

Olympic Channel

Olympic Channelで 過去の大会を振り返り、自転車BMXフリースタイル関連のオリジナル作品やシリーズを見よう。

歴史

自転車BMXフリースタイル

BMXフリースタイルでは、平地やストリート、ダートジャンプ、ハーフパイプ、ランプなどで行われるトリックの連続で構成されるルーティーンを行います。競技において、ライダーはパフォーマンスのクオリティーで判定されます。

BMXフリースタイルの起源

自転車モトクロス(BMX)のフリースタイルは、1960年代にカリフォルニアで誕生したBMXレースとは別の種目として急速に発展しました。

競技化

1980年から1987年にかけて、BMXフリースタイルの人気が拡大。1982年に統轄団体となるアマチュアスケートパーク協会(ASPA)が設立され、その数年後にはアメリカフリースタイル協会(AFA)へと名称が変わりました。最終的には、この種目は国際自転車競技連合(UCI)が統轄するようになりました。2021年現在、197名がUCIのメンバーに登録されています。