カヌースラローム
  • オリンピック新競技
    ミュンヘン1972
  • 最多金メダル
    Pavol and Peter Hochschorner (SVK)
詳細

カヌースラローム スポットライト

東京2020のベストシーン

Olympic Channel

Olympic Channelで 過去の大会を振り返り、カヌースラローム関連のオリジナル作品やシリーズを見よう。

歴史

カヌースラローム

カヌースプリントと同様、カヌースラロームもカヌーとカヤックを使用しますが、ふたつの競技の間には大きな違いもあります。カヌースラロームは、スキースラロームをモデルに、1932年にスイスで考案されました。当初はフラットな水面で競い合っていましたが、徐々に急流で行われるようになりました。

多様な技術

基本的には、カヌースラロームとカヌースプリントに必要な技術は似ていますが、ボートのデザインが異なります。カヌースプリントのボートは全長が長く、流線形なのに対して、カヌースラロームのボートは小型で軽く、敏捷性に富んでいるため、急流でも操縦性が高いです。

初の大会

カヌースラロームの人気が上向き始めたのは、第二次世界大戦前で、最初の大会は1933年に開催されました。カヌーの国際連盟が発足したのは1924年のことで、当時の名称はInternationale Repräsentantschaft für Kanusport (IRK)。それが第二次世界大戦後に国際カヌー連盟(ICF)に改められ、カヌースプリント、カヌースラローム、その他のカヌー6競技の統轄を行っています。連盟の所在地はローザンヌです。