Olympic Channel

Olympic Channelで 過去の大会を振り返り、アルペンスキー関連のオリジナル作品やシリーズを見よう。

歴史

アルペンスキー

スキーの歴史は古く、斜面を滑る近代スキーの誕生は1850年代にさかのぼります。ノルウェーの伝説のスキーヤー、ソンドレ・ノルハイムが、湾曲したスキー板、柳でできたバンドでかかとを留めたビンディングなどの用具、テレマークやクリスチャニア(スラローム)のターン技術を取り入れたスキーを普及させました。

古代に起源

スキーの歴史は先史時代までさかのぼることができ、ロシアやフィンランド、スウェーデン、ノルウェーの泥炭地ではサイズや形状の異なる木板が発見されています。ロシアで見つかったスキーの一部は、放射性炭素年代測定で紀元前8,000年から7,000年頃のものであることが判明。つまり何千年もの間、スキーの原型は寒冷地で生活に不可欠だったことが証明されています。

最初の大会

スキーが移動手段からスポーツに変化したのは19世紀後半。1840年代に軍隊以外でのスキー大会がノルウェー北部と中部で開催されたことが記録に残っており、1868年にはノルウェーの首都クリスチャニア(現オスロ)で同国初の全国大会が開催され、ソンドレ・ノルハイムが優勝。これがスキー人気の新時代の始まりと見なされています。それから数十年後、スキーはヨーロッパの他の地域とアメリカに広がり、アメリカでは炭鉱夫が冬の楽しみとしてスキー大会を実施。1922年にはアーノルド・ランがスイスのミューレンでスラローム(回転)の大会を初めて開催しました。