Loading...
サラエボ1984

サラエボ1984トーチ

Sarajevo_1984_torch_hero
(GETTY IMAGES)

ルート概要と詳細

オリンピアで採火された聖火は、自動車と飛行機でアンドラビダを経由してアテネに運ばれ、空路でドゥブロブニクへ出発。

1984年1月30日、ユーゴスラビアでの聖火リレーが始まりました。国内の第1走者を務めたのは、後にロサンゼルス1984とソウル1988で金メダルを獲得することになる水球ユーゴスラビア代表のベセリン・ジュホでした。

聖火はドゥブロブニクとサラエボの間で分火され、2つのルートに分岐。一方はユーゴスラビア東部を、もう一方は西部を回りました。

オリンピズム促進を目的とし、地域ごとに計89もの聖火リレーが組織されました。それぞれのトーチには聖火から炎が分けられ、各地域のウィンタースポーツリゾートやスポーツセンターに運ばれました。こうした地元のリレーに7,500人が参加しました。

ルートマップ

Sarajevo-1984-map

事実とデータ

開始:1984年1月29日、オリンピア(ギリシャ)

終了:1984年2月8日、コシェボスタジアム、サラエボ(ユーゴスラビア)

第1走者:ハラランボス・カラリス

最終走者:サンドラ・ドゥブラブチッチ、フィギュアスケートでオリンピックに出場(1980、1984)

走者数:〜1,600(ユーゴスラビア)

走者募集:聖火リレーが通過する全自治体で構成された特別委員会により、労働者、アスリート、学生が選ばれました。

距離:5,289km(ユーゴスラビア東ルートの2,602km、西ルートの2,687km)。そのうち900kmをランナーが走り、残り4,389kmは特別車両で運びました。

経由国:ギリシャ、ユーゴスラビア

トーチ詳細

概要:持ち手のガード部分には「Sarajevo 84」の刻印とミズノのロゴが入り、燃焼管に大会エンブレムが刻まれています。

色:金、銀

長さ:57.7cm

材質:木、金属

燃料: -

デザイン/製造: - /ミズノ株式会社、日本工機株式会社

Sarajevo_1984_torch_tab
(IOC)
サラエボ1984

オリンピックを深く知ろう

ブランド

ビジュアル・アイデンティティは、各オリンピックごとに作成される

ブランド

ブランド

メダル

オリーブ冠に始まり、メダルのデザインも年々進化

メダル

メダル

マスコット

オリジナルイメージは、オリンピックのスピリットを体現しているものでなければならない

マスコット

マスコット

トーチ

オリンピックを象徴するものとして、開催国独自のバージョンを提示

トーチ

トーチ