Loading...
現在、いくつかの技術的な問題が発生しており、一部の機能が影響を受ける可能性があります

パリ1924

日付May 4 - July 27
フランス
アスリート3088
チーム44
イベント126
パリ1924
信心深いリデル、100mでタイトル獲得のチャンスを逃す
パリ1924

オリンピックについて

さらに発展

パリ1924によって、オリンピック競技大会は広くアピールする主要大会としての地位を築き上げました。参加した各国オリンピック委員会の数も29から44へ増加し、1,000人を超すジャーナリストの存在が注目度の高まりを証明しています。

閉会式

現在のような形の閉会式を初めて実施。IOCフラッグ、開催国の国旗、次期大会開催国の国旗が掲げられました。

圧倒的な強さ

1920年大会で金メダル3個を手にしたフィンランドの陸上選手パーボ・ヌルミは、さらに5個の金メダルを獲得。とりわけ7月10日のパフォーマンスは圧巻で、容易に1,500mを制した55分後、5,000mに出場してまたも栄冠を手に入れました。

ハリウッドの題材

アメリカの競泳選手ジョニー・ワイズミュラーが3冠を獲得しました。1928年大会でも2個の金メダルを手に入れたワイズミュラーは、その後に俳優へ転身。『類猿人ターザン』など12本のターザン映画に出演しています。また、イギリスの陸上選手エリック・リデルを主人公とし、オスカー賞に輝いたヒュー・ハドソン監督の映画『炎のランナー』によって、パリ1924は歴史にその名を残す大会となりました。

参加国・地域数:44

参加選手数:3,089(女子135、男子2,954)

競技種目数:126

ボランティア:不明

メディア:ジャーナリスト1000人

芸術性の頂点

芸術性を競う競技が絶頂を極めました

テニス

この大会を最後に競技種目から除外、1988年大会に復活しました

選手村

この大会より、アスリートたちがオリンピック選手村(当時は木製の小屋)で宿泊するようになりました

マスメディアの時代

初めての放送

大衆とメディアの注目

観客数は625,000人、ジャーナリストは1,000人を数えました

セレモニー

パリ1924。フランスのアスリート、ジョルジュ・アンドレがオリンピック宣誓を行いました

開会宣言:

ガストン・ドゥメルグ大統領

聖火台点火:

オリンピックの象徴である聖火台への点火は、夏季競技大会ではアムステルダム1928で初めて採用されました

オリンピック宣誓:

ジョルジュ・アンドレ(陸上競技)

全メダル

メダル獲得数

出場チームと獲得メダルの一覧はこちらから。

順位を確認
パリ1924

オリンピックを深く知ろう

ブランド

ビジュアル・アイデンティティは、各オリンピックごとに作成される

ブランド

ブランド

メダル

オリーブ冠に始まり、メダルのデザインも年々進化

メダル

メダル

Paris 1924