Loading...

南京2014

日付August 16 - August 28
中華人民共和国
アスリート3579
チーム203
イベント222
南京2014

オリンピックについて

南京2014は、2回目の夏季ユースオリンピックだ。2010年2月に招致が決定し、中国では北京に次いで2番目のオリンピック開催都市となった。南京2014では、人種や民族、文化的背景の異なる青少年に向けて、『ゲームを共有し、夢を共有する』ことをスローガンに掲げた。

南京2014では、第2回オリンピック大会以来初めて、ゴルフがオリンピックの実施競技に復帰するなど、革新的な試みもなされた。また、2016年夏季オリンピックで実施されたラグビーセブンズも、男女各6チームが参加し、この大会でユースオリンピックに初登場している。

男女混合チームによる競技も南京2014のハイライトだ。計15競技、18種目で採用され、その中のひとつ、総勢680名の選手が参加した8×100mの混合国際チームリレーでは、選手の国籍、言語、民族、性別に関係なくチームが構成された。この大会には、合計で205の国と地域から3,798名の若いアスリートが参加した。

南京2014

注目アスリート

すべてのアスリート
  • 中華人民共和国中華人民共和国
    6
    -
    -
  • 中華人民共和国中華人民共和国
    4
    2
    -
  • 中華人民共和国中華人民共和国
    4
    1
    1
  • 中華人民共和国中華人民共和国
    4
    1
    -
  • リプレイ:
    南京2014

    すべてのリプレイ
    南京2014

    オリンピックを深く知ろう

    メダル

    オリーブ冠に始まり、メダルのデザインも年々進化

    メダル

    メダル

    マスコット

    オリジナルイメージは、オリンピックのスピリットを体現しているものでなければならない

    マスコット

    マスコット