Loading...
リレハンメル2016

Winter Youth Olympic Games Lillehammer 2016

リレハンメル2016マスコット

Voss - Youth Olympics Torch Tour 2016 1

名前

ショッグ

ショッグは、リレハンメルのある谷間の地方、グッドブランスダールの言葉で「雪」を意味する。

説明

このマスコットはスポーティなルックスをしたオオヤマネコで、「冬季ユースオリンピック リレハンメル2016」をデザインした服をまとっている。

クリエイター

リーナ・アンセスムーン

トリビア

マスコットの選考にあたり、2012年2月から、15歳から25歳までの若者を対象とした一般公募を開始した。組織委員会はその中から33作品を候補として選出。その後ファッション、デザイン、メディア、スポーツの各業界で活躍するシメン・スタールナッケ、ユリエ・ストロムスワッグ、ビルギット・スカルスタイン、マリアンヌ・オーゴトネの4人が審査を行なった。

審査員は、ヘラジカ、イタチ、オオヤマネコを使った3作品を最終候補に選んだ。その中から、2014年5月末から6月初旬にかけて、Facebook上で一般投票を実施。3,200人以上が投票した中から、1,462票を獲得したオオヤマネコが30票差でイタチを破って首位となり、2014年12月、「Sjogg」と名付けられたマスコットが発表された。

オオヤマネコのデザインをしたリーナ・アンセスムーンは彼女自身もリレハンメル出身で、このコンペティションに応募したときは18歳だった。

_1619433836499.
リレハンメル2016

オリンピックを深く知ろう

メダル

オリーブ冠に始まり、メダルのデザインも年々進化

メダル

メダル

マスコット

オリジナルイメージは、オリンピックのスピリットを体現しているものでなければならない

マスコット

マスコット