Loading...

Winter Youth Olympic Games Lillehammer 2016

リレハンメル2016

日付February 12 - February 21
ノルウェー
アスリート1067
チーム71
イベント70
リレハンメル2016

オリンピックについて

冬季ユースオリンピックの第2回大会では、1994年の冬季オリンピックからちょうど22年後、ノルウェーのリレハンメルに再びオリンピック・ムーブメントが戻ってきた。期待が高まる中、リレハンメル2016は、『Go beyond. Create tomorrow』のスローガンのもと、新世代のアスリートのためにオリンピックのレガシーを新たな手法で構築することを目標に掲げた。

1994年の冬季オリンピックは、環境保護活動の面でも新たな基準をもたらしたが、この大会のために建設された歴史的な競技会場が、ユースオリンピックのためにアップグレードされた。またリレハンメル2016では、若者たちが中心となり、持続可能なイベントとして大会で初めてノルウェーのISO認証を満たすといった環境面での新たなレガシーを築いた。イベントでは、71の団体から1,067名のアスリートが7つのスポーツの70のイベントに参加。オオヤマネコのマスコット、ショッグも、YOG期間中に開催された108のコンサートのうちのいくつかを楽しんだ。半数以上が30歳以下で占められた3,278人のボランティアたちは、若者がより真剣に受け止められ、学び、成長する可能性をつかみ、一個人よりもはるかに大きい仲間の一員となるムーブメントの構築に貢献した。

リレハンメル2016

注目アスリート

すべてのアスリート

リプレイ:
リレハンメル2016

リレハンメル2016

オリンピックを深く知ろう

メダル

オリーブ冠に始まり、メダルのデザインも年々進化

メダル

メダル

マスコット

オリジナルイメージは、オリンピックのスピリットを体現しているものでなければならない

マスコット

マスコット