Loading...
リレハンメル1994

リレハンメル1994トーチ

Lillehammer_1994_torch_hero
(GETTY IMAGES)

ルート概要と詳細

オリンピアでの採火式を終え、聖火はドイツのシュツットガルト、ルートビヒスブルク、エスリンゲン、カールスルーエ、デュッセルドルフ、ビンターベルク、ヘルネ、エッセン、ドルトムント、デュイスブルク、グレーフラート、ハンブルクなどを通過。ケルン大学にも立ち寄り、1936年に行われた第11回オリンピック競技大会の大会組織委員会事務総長で、聖火リレーを発案したカール・ディームに敬意を表して聖火台にともされました。その後はコペンハーゲン、ヘルシンキ、ストックホルム、オスロを経由してリレハンメルに到着しました。

開会式では、トーチを手にしたスタイン・グルーベンがジャンプ台から飛ぶ演出で観客を驚かせました。本来の最終走者はオーレ・グンナル・フィディエステールでしたが、リハーサル中のケガでグルーベンに交代しました。

ルートマップ

Lillehammer-1994-map

事実とデータ

開始:1994年1月16日、オリンピア(ギリシャ)

終了:1994年2月2日、リスゴーズバッケン・スキージャンプアリーナ、リレハンメル(ノルウェー)

第1走者:なし(ギリシャ)

最終走者:ホーコン・マグヌス王太子

走者数: -

走者募集: -

距離:〜6,000km(オリンピックからの公式聖火リレー)

経由国:ギリシャ、ドイツ、デンマーク、フィンランド、スウェーデン、ノルウェー

トーチ詳細

概要:バーナーに「The XVII OLYMPIC WINTER GAMES LILLEHAMMER 1994」の文言と大会エンブレムが刻まれています。銅を使用したパーツにスポーツのピクトグラムが入っており、アルミニウム製の上部に燃焼制御システムが組み込まれました。

木製の長い持ち手とメタルブレードで構成され、樺を使った持ち手はノルウェーの伝統的な側面を象徴。研磨されたアルミ製のブレードは、この国の近代性とテクノロジーを表現しています。トーチを運ぶランナーのシルエットと美しさを考慮し、細くしなやかな形状を持ち、従来よりもかなり長いデザインが採用されました。

色:茶、銀、銅

長さ:152cm

材質:木材、鉄、銅

燃料:パラフィン系燃料、燃焼時間は30~40分

デザイン/製造:アンドレ・ステーンバッハ・マランドン、パール・クリスティアン・カールス/パール・J・カールス・アーキテクターAS、スタトイル

Lillehammer_1994_torch_big
(IOC)

トリビア

ドイツのグレフラート上空で、パラシュートで降下する2人のランナーがトーチをリレーするという、オリンピック史上初めての試みが行われました。

ノルウェーでは「非公式」の聖火リレーが75日間にわたって行われました。こちらの聖火はオスロ1952とスコーバレー1960にならい、スキー発祥の地モルゲダールで採火。マッタ・ルイーセ王女が第1走者を務めました。総距離12,000kmのうち陸路は8,000kmで、そのうち約6,500kmを徒歩でカバー。残り4,000kmは飛行機を使い、海やフィヨルドを越えてスバールバル諸島に運ばれました。ランナーがトーチを運べない場合には、さまざまな時代の郵便サービスで使われてきたその他の運搬手段が採用されました。正式な聖火リレーの最終目的地はリスゴーズバッケン・スキージャンプアリーナでしたが、モルゲダールからの聖火リレーが向かったのはリレハンメルのメインストリートに設置されたオスロ1952の聖火台でした。

リレハンメル1994

オリンピックを深く知ろう

ブランド

ビジュアル・アイデンティティは、各オリンピックごとに作成される

ブランド

ブランド

メダル

オリーブ冠に始まり、メダルのデザインも年々進化

メダル

メダル

マスコット

オリジナルイメージは、オリンピックのスピリットを体現しているものでなければならない

マスコット

マスコット

トーチ

オリンピックを象徴するものとして、開催国独自のバージョンを提示

トーチ

トーチ