Loading...

ローザンヌ2020

日付January 9 - January 22
スイス
アスリート1872
チーム79
イベント81
ローザンヌ2020
ローザンヌ散策 | ユースオリンピック冬季競技大会2020
01:28
ローザンヌ2020の思い出 | ユースオリンピック冬季競技大会2020
29:00
Sliding Madness | 紹介編
Originals01:30
これがローザンヌ2020ユースオリンピック冬季競技大会だ
00:54
ローザンヌ2020最高の瞬間 | ユースオリンピック冬季競技大会2020
Highlights07:00

オリンピックについて

第3回冬季ユースオリンピック(YOG)であるローザンヌ2020は、オリンピックの首都に大会をもたらした。この大会は、1948年のサンモリッツ大会以来、72年ぶりにスイスで開催される。ローザンヌ2020では、“start now”を合言葉に若者のスポーツ人口を増やす活動を行った。

ローザンヌ2020」のハイライトのひとつは、選手の移動を含めた公共交通機関の利用を徹底的に推進したことだ。これにより、ローザンヌ2020の二酸化炭素排出量を最小限に抑えることができ、将来のユースオリンピックの開催に向けての重要な参考資料となった。さらに、既存の会場が優先され、大会後特定の用途がある会場のみが建設された。大会は、ヴォー州(ローザンヌ、ラ・ヴァレ・ド・ジュー、レイサン、レ・ディアブレ、ヴィラール)、ヴァレー州(シャンペリー)、グラウビュンデン州(サンモリッツ)、そして隣国フランス(レ・ルース、タフ・スタジアム)で開催され、8競技、16種目が行われた。合計81の競技に、79のオリンピック委員会から1,784名の選手が参加。地元の学校から13万人の子供たちがYOGの準備に参加した。8万人の子供たちがスポーツ競技を楽しみ、ローザンヌを含むすべての開催地で行われた“Learn and Share”プログラムを体験した。

ローザンヌ2020

注目アスリート

すべてのアスリート
  • 中華人民共和国中華人民共和国
    2
    1
    -
  • スイススイス
    2
    1
    -
  • 日本日本
    2
    1
    -
  • ロシア連邦ロシア連邦
    2
    1
    -
  • リプレイ:
    ローザンヌ2020

    すべてのリプレイ
    女子モノボブ - ハイライト | ユースオリンピック冬季競技大会2020
    Highlights04:18
    ボブスレー
    ローザンヌ2020

    オリンピックを深く知ろう

    メダル

    オリーブ冠に始まり、メダルのデザインも年々進化

    メダル

    メダル

    マスコット

    オリジナルイメージは、オリンピックのスピリットを体現しているものでなければならない

    マスコット

    マスコット