Loading...
コルティナダンペッツォ1956

コルティナダンペッツォ1956トーチ

Cortina_Ampezzo_1956_torch_hero
(GETTY IMAGES)

ルート概要と詳細

この大会の聖火はギリシャのオリンピアで採火されていないため、厳密に言えば「オリンピック聖火」ではありません。この大会ではローマで採火されました。

1956年1月22日、ローマのカピトリヌス丘陵にある古代ローマの神殿の階段で採火が行われました。聖火はセナトリオ宮の階段上までブラセロ(火鉢)で運ばれ、ここからリレーがスタートしました。

ローマ・チャンピーノ空港に到着した聖火は、ベネチアに向けて出発。ベネチアからはゴンドラでメストレに運ばれました。メストレからコルティナへ向かう聖火リレーで、ローラースケートを履いたランナーたちが最初のステージを走りました。開会式前日の1月25日、聖火はコルティナ近郊のズエルから標高2,098mのドゥカダオスタ避難所までスキーで運ばれ、そこで一夜を過ごしました。

開会式当日の1月26日、ルートが花火で彩られる中、オスロ1952金メダリストのゼーノ・コロがスキーで聖火をコルティナに届けました。続いてオリンピアンのセベリーノ・メナルディとエンリコ・コッリが交代しながらスタジアムまでトーチを運び、最終走者のスピードスケーター、グイド・カローリにバトンタッチ。カローリが満員のアイススタジアムを回る途中、テレビのケーブルにつまずくハプニングがあったものの、無事聖火台に点火しました。

ルートマップ

Cortina-1956-map

事実とデータ

開始:1956年1月22日、ローマ(イタリア)

終了:1956年1月26日、アイススタジアム、コルティナダンペッツォ(イタリア)

第1走者:アドルフォ・コンソリーニ、陸上競技でオリンピックに出場(1948、1952、1956、1960)、ロンドン1948で金メダル、ヘルシンキ1952で銀メダルを獲得

最終走者:グイド・カローリ、スピードスケートでオリンピックに出場(1948、1952、1956)

走者数: -

走者募集: -

距離: -

経由国:イタリア

トーチ詳細

概要:夏季オリンピックのロンドン1948とメルボルン1958で使われたトーチと同じモデルがベースに。上部に「VII Giochi Invernali Cortina 1956」の文字と五輪マークが記されています。

色:

長さ:47cm

材質:金属

燃料: -

デザイン/製造:ラルフ・レイバーズ / -

Cortina_Ampezzo_1956_torch_big
コルティナダンペッツォ1956

オリンピックを深く知ろう

ブランド

ビジュアル・アイデンティティは、各オリンピックごとに作成される

ブランド

ブランド

メダル

オリーブ冠に始まり、メダルのデザインも年々進化

メダル

メダル

トーチ

オリンピックを象徴するものとして、開催国独自のバージョンを提示

トーチ

トーチ