Loading...

シャモニー1924

日付January 25 - February 5
フランス
アスリート258
チーム16
イベント16
シャモニー1924

オリンピックについて

初の冬季オリンピック

1921年、国際オリンピック委員会は1924年にフランスのシャモニーで予定されていた「ウィンタースポーツウィーク」を後援することを決めた。このイベントは大成功して1万4人の観客がチケットを買って訪れ、のちに第1回オリンピック冬季競技大会と呼ばれた。

記憶に残るチャンピオン

アメリカのチャールズ・ジュートローは最初の種目だったスピードスケート500mを制し、冬季五輪の初代金メダリストに輝いた。個人最高成績を収めたのはフィンランドのクラス・ツンベルグで、スピードスケート5種目で3つの金メダルを含む5つのメダルを手にした。

カナダが圧倒

アイスホッケーでは、カナダが最初の3試合に合計85得点、無失点で圧勝。最終的に122得点、わずか3失点で金メダルを手にした。

待望のメダル

アメリカのアンダース・ハウゲンはスキージャンプの銅メダルを受け取るまでに50年待たされた。計算ミスで4位とされたが、83歳になった1974年に主張が認められて銅メダルを授与された。

参加国数:16

参加選手数:258(女子11、男子247)

競技種目数:16

ボランティア:N/A

メディア:N/A

オリンピックに正式認定

最初の冬季オリンピックは、当初「ウィンタースポーツウィーク」と呼ばれていた。1926年にリスボンで開かれた第25回国際オリンピック委員会会合で、シャモニー大会は第1回オリンピック冬季競技大会として正式に認められた。

メダル需要

正式な表彰式はピエール・ド・クーベルタン男爵による閉会の辞の少し前の2月5日まで行われなかった。アスリートがすでに帰国していた場合は、フランツ・ルシェルがチームの他のメンバーにメダルを預けた。

氷河のそばで

ボブスレーは付近の氷河にちなんで名づけられたペレリンス・トラックで行われた。そりはエギーユ・デュ・ミディの古いケーブルカーを使ってトラックの上まで運ばれた。

用具を肩にかついで行進

開会式の入場行進で、多くのアスリートが自分の用具(スキー、ホッケースティックなど)を肩にかついでいた。実際に当時の規則では、アスリートはスポーツウェアで行進しなければならないとされ、これにはスキーやホッケースティックも含まれた。現在はこのような行進は行われていないが、今なお各チームとも大きな印象を残そうとしている。

全メダル

メダル獲得数

出場チームと獲得メダルの一覧はこちらから。

順位を確認
シャモニー1924

注目アスリート

すべてのアスリート

リプレイ:
シャモニー1924

シャモニー1924

オリンピックを深く知ろう

ブランド

ビジュアル・アイデンティティは、各オリンピックごとに作成される

ブランド

ブランド

メダル

オリーブ冠に始まり、メダルのデザインも年々進化

メダル

メダル