Loading...

ブエノスアイレス2018

日付October 6 - October 18
アルゼンチン
アスリート4000
チーム206
イベント239
ブエノスアイレス2018

オリンピックについて

ブエノスアイレス2018は、夏季ユースオリンピック(YOG)の第3回大会として開催された。大会スローガンである“Feel the Future”は、4,000人を超える出場選手が、情熱、自立、多様性の中での絆の模範となりたいという思いを具現化したものだ。ブエノスアイレス2018は、スポーツを通じてより良い世界を作るための影響力の源となることを目指した。
オリンピック史上初めて、出場した女性アスリートと男性アスリートの数が同数(女性2,000名、男性2,000名)となった大会でもある。女性でも男性でもない、ジェンダー・フルイドのマスコット#パンディが、4つのパークに無料でアクセスできる一般の人たちを歓迎。100万人以上の観客は、エリートスポーツ競技、音楽・文化・芸術フェスティバル、スポーツ・イニシエーション、ショーケース、教育プログラムの融合を楽しんだ。また、25万人の子供たちがスポーツ・イニシエーションに参加した。

さらに、技術革新により、開会式はより包括的なものとなり、従来のスタジアムではなく、ブエノスアイレスの中心部にあるオベリスク(歴史的記念碑)で行われた。人々が自然に集まる都市の場所を活用するというアイディアが採用されたのだ。YOGの伝統に則り、ブエノスアイレス2018では、新しいスポーツだけでなく、新しい種目もプログラムに迎え入れられた。ブレイクダンス 、空手、ローラースケートスピード、スポーツクライミングがオリンピックデビューを果たし、BMXフリースタイル、カイトボード、ビーチハンドボール、フットサル、アクロ体操が初登場した。11日間の大会では、32の競技で241の金メダルを懸けた熱戦が繰り広げられた。

リプレイ:
ブエノスアイレス2018

すべてのリプレイ
ブエノスアイレス2018

オリンピックを深く知ろう

メダル

オリーブ冠に始まり、メダルのデザインも年々進化

メダル

メダル

マスコット

オリジナルイメージは、オリンピックのスピリットを体現しているものでなければならない

マスコット

マスコット