Loading...
アルベールビル1992

アルベールビル1992マスコット

Albertville_1992_mascots
(IOC)

名称 --

マジーク

「マジーク」はフランス語で「魔法」の意味。組織委員会(OCOG)はマスコットの名前を決めるために予算をかけて研究したものの、結局何も決まりませんでした。しかし、書類を読み返すうちに「魔法」という言葉が何度も登場することに気づき、それをマスコットの名前としました。

概要 --

マジークは星と立方体が組み合わさった体型の精霊で、動物以外のマスコットはインスブルック1976以来。星は夢と想像力を象徴し、青赤白はフランス国旗の色を採用しました。

制作者

フィリップ・メレス

トリビア

もともと選ばれたマスコットは、イラストレーターのミシェル・ピルスがデザインしたシロイワヤギ。しかし、大会開幕2年前に星型の精霊に変更されました。

このマスコットには教育的な役割も与えられました。組織委員会は7,924人の大会ボランティアに情報を提供するため、コンピュータを使った教育支援プログラムを用意し、さまざまな教育モジュールやゲームにマジークを登場させました。

Albertville_1992_mascot
(IOC)
アルベールビル1992

オリンピックを深く知ろう

ブランド

ビジュアル・アイデンティティは、各オリンピックごとに作成される

ブランド

ブランド

メダル

オリーブ冠に始まり、メダルのデザインも年々進化

メダル

メダル

マスコット

オリジナルイメージは、オリンピックのスピリットを体現しているものでなければならない

マスコット

マスコット

トーチ

オリンピックを象徴するものとして、開催国独自のバージョンを提示

トーチ

トーチ