ホリデーシーズンにウィンタースポーツの映画やシリーズを楽しもう!

年末年始のホリデーシーズンほど、テレビや映画を楽しむのにぴったりな時期はないだろう。北京2022冬季オリンピックに向けて、オリンピックムードに浸れるなら、それに越したことはない。今回は、Olympics.comが選ぶ、サンタも納得のウィンタースポーツ映画やシリーズを紹介する。

文: Sheila Vieira
写真: 1988 Getty Images

世界の多くの地域では、おいしい食べ物やプレゼント、家族の団らんに満ちたホリデーシーズンが到来している。そんな気分を盛り上げるために、ホリデーシーズンとオリンピックの精神を融合させたウィンタースポーツの映画と、オリンピックチャンネルのドキュメンタリー10本を紹介しよう。

映画

クール・ランニング(Cool Runnings)

ウインタースポーツ史に残る名作「クール・ランニング」は、どんな困難があっても夢を信じることを描いた作品だ。1998年のカルガリー冬季オリンピックに出場したジャマイカ代表4人乗りボブスレーチームの実話に基づいて制作された、この1993年の映画は、当初ドラマとして企画されていた。オリンピック出場のわずか数ヶ月前にボブスレー競技を学び、それぞれの葛藤を抱えながらも夢へ向かって共に前進するジャマイカ選手たち姿をコミカルに描いた、元気が出る作品だ。

ミラクル(Miracle)

アイスホッケーファン必見の2004年の映画「ミラクル」は、1980年のレークプラシッド大会決勝ラウンドでアメリカ男子チームが当時世界最強といわれていたソビエト連邦チームを圧倒し、アメリカ史上2個目の金メダルを獲得した「氷上の奇跡」の実話を描いた作品だ。カート・ラッセルがハーブ・ブルックス監督を演じ、実際のアイスホッケー選手を起用したことで、リンクのシーンが非常にリアルに再現されたことが話題となった。

アイス・キャッスル(Ice Castles)

1979年にアカデミー賞部門のひとつである歌曲賞にノミネートされた、このフィギュアスケート映画は、実話に基づいたものではなかったが、世界中の観客の心を掴む作品となった。将来有望なスケーターだったレクシーは、転倒して脳に損傷を負い、視力を失ってしまう。しかし、かつての恋人ニックに説得され、氷上に戻り、再び夢を追い続ける。休日のロマンチックなひとときにおすすめの作品だ。

「エディ・ジ・イーグル」の愛称で知られる、スキージャンプのマイケル・エドワーズ=カルガリー1988

イーグル・ジャンプ(Eddie the Eagle)

冬季オリンピックを舞台にしたもうひとつの信じられないようなサクセスストーリーは、カリスマ的なエディ・エドワーズことマイケル・エドワーズの半生を描いた、2015年の伝記映画だ。当初、イギリスで左官職人をしていた彼は、オリンピックの夢を追い求め、1928年以来のイギリス人オリンピックスキージャンパーとなった。

出場した2種目とも最下位に終わったが、トレードマークの分厚いメガネと「鷲のように飛んだと言いたいところだが、ダチョウに近かったかもしれない」などの名台詞で、エディ・ジ・イーグルは、冬季オリンピックで最も人気のある選手のひとりになった。

エディ・エドワーズ(中央)、俳優のヒュー・ジャックマン(左)、タロン・エガートン(右)が、ロンドンで行われた「Eddie The Eagle」のヨーロッパ・プレミアに参加
写真: 2016 Getty Images

オリンピックチャンネル映画とシリーズ

あの瞬間、長野で(The Nagano Tapes)

1998年長野大会でのアイスホッケー男子チェコチームの歴史的な金メダルに思いを馳せ、独占映像やチェコ選手のインタビューなどを収録した2018年版ドキュメンタリー。

ホワイトサーカス(Cirque Blanc)

アルペンスキーがお好きな方は、「ホワイトサーカス」のミニシリーズをご覧いただきたい。このエピソードは、テッサ・ウォーリーティファニー・ゴーティエロマーヌ・ミラドリを擁するフランスのオリンピック代表チームの新シーズン開幕時の苦境を追ったものだ。

私たちはひとつだ(We Are One)

本作は、平昌2018の女子アイスホッケーに出場した南北合同チーム「コリア」の物語を描いたドキュメンタリーだ。チームの存在そのものが世界中の人々を魅了し、まさにオリンピックの精神を表した瞬間となった。

ハーフパイプ・ハイプ(Halfpipe Hype)

平野歩夢チェイス・ジョシーマディー・マストロレイラニ・エッテルディラン・マリノーなど、スノーボード界のトップアスリートに密着し、スノーボードの魅力やユニークさを分析するこのシリーズは、ファンにとって見逃せない内容となっている。

オン・エッジ(On Edge)

フィギュアスケートのシリーズを年末年始に一気にまとめて見るのはいかがだろうか?フランスのガブリエラ・パパダキスギヨーム・シゼロンのペアをはじめ、カナダ・モントリオールのアイスアカデミーで練習に励む、5カ国・6ペアのトップアスリートたちの日常を描く。

それぞれの冬の足跡(Winter Tracks)

感動的なストーリーがお好きな方には、このシリーズが最適だろう。世界各地から集まった6人のアスリートたちが、不可能なことはないということを教えてくれる。最初のふたつのエピソードは、がんを克服したプエルトリコのウィリアム・フラハティと、かつて農場で働いていたフィンランドのアイスホッケー選手イェンニ・ヒーコスキに密着し、彼らの世界を紹介する。

オリンピックに向けて。 これらすべてをゲット。

スポーツイベントを無料でライブ観戦。さまざまなシリーズに無制限アクセス。 他には真似のできないオリンピックニュース&ハイライト