きょうだいで活躍! カーリングの吉田姉妹#StrongerTogether

日々の激しい練習をこなして掴んだオリンピックの舞台。苦しいときも、つらいときも、兄弟姉妹がいたからこそ乗り越えられることもあったのではないだろうか。Olympics.comでは北京オリンピックに出場する日本人きょうだいアスリートをシリーズで紹介する。

文: Chiaki Nishimura
写真: GETTY IMAGES

夏に行われた東京2020オリンピックで、柔道の阿部兄妹やレスリングの川井姉妹の活躍が日本を沸かせたように、北京2022冬季オリンピックに出場する選手の中にもきょうだいで切磋琢磨してオリンピック出場を決め、北京の舞台で輝くアスリートがいる。

シリーズ第7回は、カーリング女子「ロコ・ソラーレ」で活躍する吉田知那美&吉田夕梨花姉妹をご紹介しよう。

吉田知那美&吉田夕梨花

北海道北見市出身で、平昌2018オリンピックで日本にカーリング初のメダルをもたらした吉田姉妹。カーリングは、リード、セカンド、サード、スキップのポジションで構成され、ふたりは「ロコ・ソラーレ」でそれぞれ、サード(知那美)、リード(夕梨花)のボジションで活躍する。実は3姉妹で、長女もカーリング選手であるだけでなく、母親も元カーリング選手というカーリング一家。

ふたりの歳の差は2歳で、幼いころから一緒にカーリングに励んできたが、知那美が18歳、夕梨花が高校2年生だった2010年に別々のチームでプレーすることになる。4年後のソチ2014では、姉・知那美が参加していた「北海道銀行」の出場が決まると、妹・夕梨花はオリンピアンの姉と比べられて傷つくこともあったという。

しかし、ソチ2014で準決勝進出を逃した数日後に再び転機が訪れる。同チームの新体制により知那美がチームを抜けることが決まると、妹・夕梨花と同じ「LS北見(ロコ・ソラーレ)」に所属することになり、4年後には平昌2018の出場権を獲得し、日本勢初の銅メダルに輝いた。

一度は別々のチームでプレーしたふたりだが、紆余曲折を経て同じチームとなり、掴んだ勝利。2月11日に始まった北京2022の女子カーリングでは、ちーたん(知那美)、ゆり(夕梨花)の息の合ったプレーで最高のパフォーマンスを見せてくれることだろう。

平昌2018で銅メダルを獲得した吉田知那美(右)、吉田夕梨花(左)
写真: 2018 Getty Images

北京2022でのカーリングの日程

以下すべて現地時間

2月12日 9:05 女子1次リーグ第4試合 日本vsデンマーク

2月12日 20:05 女子1次リーグ第5試合 ROCvs日本

2月14日 9:05 女子1次リーグ第7試合 中華人民共和国vs日本

2月14日 20:05 女子1次リーグ第8試合 日本vs大韓民国

2月15日 14:05 女子1次リーグ第9試合 英国vs日本

2月16日 20:05 女子1次リーグ第11試合 日本vsアメリカ合衆国

2月18日 20:05 女子準決勝

2月19日 20:05 女子3位決定戦

2月20日 9:05 女子決勝

カーリングが大好き? ロックオン。

カーリングのニュースや動画、冬季オリンピック大会でのハイライトなどを入手しよう。