冬季オリンピック混合種目を解説 ! スキージャンプ混合団体

北京2022冬季オリンピックでは、全部で9つの男女混合種目が実施される。そのうちのひとつが、スキージャンプ混合団体だ。オリンピックデビュー前に、見どころや注目チームをチェックしよう!

文: Andrés Aragón
写真: 2021 Getty Images

オリンピックにおける男女平等を推進するために、2010年に開催された第1回ユースオリンピックから、男女混合種目が導入されてきた。そしてその多くが、のちにオリンピックの公式種目として採用されている。

スキージャンプの混合団体もそのひとつで、北京2022でついにオリンピックデビューを飾る。男女最低各2名の選手出場資格を得た国は、この種目でチームを結成し、出場することができる。

スキージャンプ混合団体:ドイツチーム
写真: 2021 Getty Images

混合団体戦フォーマット

スキージャンプ混合団体は、2012年11月のワールドカップで国際大会デビューを果たし、翌年には世界選手権で新種目として導入された。そして今度は、冬季オリンピックで新採用となる!

混合団体はノーマルヒルで実施され、男子団体戦と同じ採点方法で評価される。1チームは女子2名、男子2名の計4名の選手で構成され、女子-男子-女子-男子の順で競技を行う。

トライアルラウンドの後、本戦2ラウンドで競い合うフォーマットで、第1ラウンドの上位8チームが第2ラウンドに進出できる。そして、順位と逆の順番でスタートし、メダルをかけて戦う。

それでは基本を押さえたところで、種目の詳細について説明しよう。

高梨沙羅:スキージャンプ女子平昌2018
写真: 2018 Getty Images

北京2022の混合団体を見るには?

スキージャンプ競技(およびノルディック複合のスキージャンプ種目)は、張家口にある国立スキージャンプセンターで行われる。

混合団体種目は2月7日に開催され、女子個人種目(2月5日)と男子個人種目(2月6日)のノーマルヒルに続き、3つ目のメダルイベントとなる。

トライアルラウンドは現地時間18:28~19:07に行われ、その後、本戦第1ラウンドが19:45~、決勝ラウンドが20:51~21:27に行われる。

オリンピアンが解説する、混合団体の魅力

北京2022で、待望のオリンピックデビューを果たす混合団体種目。冬季ユースオリンピックでは、第1回大会のインスブルック2012から、団体戦は混合種目として実施されてきた。しかし、現在のフォーマット(女子2人、男子2人)が採用されたのは、2020年のローザンヌ大会からだ。

「最高ですね!女子選手たちと一緒に戦う試合はそれほど多くないですし、彼女たちと一緒にチームになって、(男子団体戦とは)違うチームスピリットや雰囲気のなか試合に出られるのは素晴らしいことです」と、2019年世界選手権で金メダルを獲得したカール・ガイガー(ドイツ)はEurosportに語っている。

「混合チームでのジャンプは、個人戦とはまったく違う感覚です」と、オーストリアの新鋭ダニエル・ツォフェニッヒは、ワールドカップの混合団体戦で優勝した後の昨年2月に国際スキー連盟(FIS)に語っている。「チーム全体が自分を支えてくれているんです。これは僕にとって初めてのワールドカップ表彰台なので、とてもうれしいです。このチームの一員であることを本当に誇りに思います」

ガイガーとツォフェニッヒは、この種目でメダル候補となる可能性が非常に高い。

注目のチーム、選手は?

スキージャンプ混合団体で史上初のオリンピックチャンピオンに輝くのはどこの国だろうか?それには、ドイツと答えるのが最も無難だろう。彼らは、過去4回の世界選手権で金メダルを獲得し、5大会すべてで表彰台に上っている(2013年の第1回大会は日本が優勝、ドイツが銅メダル)。

昨年2月に、混合団体世界選手権を3度制したマルクス・アイゼンビヒラー(2019年の世界選手権で個人、男子団体、混合団体の金メダルを獲得した唯一のスキーヤー)を含むチームで、ドイツが4連覇を達成した。彼と共にカタリーナ・アルタウス平昌2018銀メダリスト)、ガイガー(今年の世界選手権で4種目すべて表彰台獲得)、アンナ・ルップレヒトがチームの金メダルに貢献した。

しかし、初代王者の座を掴むことは簡単ではない。ドイツを脅かす可能性のあるチームとして、3つの強豪チームがいる。混合団体が開催された5回の世界選手権のうち4回でメダルを獲得しているオーストリア、昨年2月に銀メダルを獲得したノルウェー、そしてドイツ以外の国で唯一世界王者に輝いた日本(2013年)だ。

関連記事:日本に新たなメダルのチャンス ? スキージャンプ混合団体

オリンピックに向けて。 これらすべてをゲット。

スポーツイベントを無料でライブ観戦。さまざまなシリーズに無制限アクセス。 他には真似のできないオリンピックニュース&ハイライト