【水球】【飛込】世界水泳ブダペスト第14日:ポセイドンジャパンは過去最高の9位に…三上紗也可と榎本遼香が女子3m飛板飛込決勝へ

ハンガリー開催のFINA(国際水泳連盟)第19回世界選手権大会水泳競技大会「世界水泳ブダペスト2022」は現地時間7月1日に14日目を迎えた。水球ではポセイドンジャパン(男子日本代表)がジョージア代表を下して9位に。女子3m飛板飛込は、三上紗也可と榎本遼香が決勝に進んだ。

文: 渡辺文重
写真: 2021 Getty Images

ハンガリー・ブダペスト開催中のFINA(国際水泳連盟)第19回世界選手権大会水泳競技大会「世界水泳ブダペスト2022」は現地時間7月1日に大会14日目を迎えた。

■水球競技

アルフレード・ハヨーシュ・スイミングコンプレックスで行われている水球競技は1日、男子の準決勝および順位決定戦を行った。

9位決定戦に臨んだポセイドンジャパン(日本代表)はジョージア代表と対戦。第1ピリオドでリードを許すも、第2ピリオドで逆転に成功。第3ピリオド、第4ピリオドでもリードを守り抜き、16-15(3-6、7-3、2-2、4-4)の接戦を制した。日本は9位で過去最高の成績。

準決勝2試合は、イタリア代表が11ー10でギリシャ代表に勝利。スペイン代表は10-5でクロアチア代表を退けた。女子は6月30日に準決勝が行われ、アメリカ合衆国代表が14-6でイタリア代表に、ハンガリー代表が13-12でオランダ代表に、それぞれ勝利を収めている。今大会、女子日本代表は出場していない。

結果:19TH FINA WORLD CHAMPIONSHIPS 2022

■飛込競技

ドナウアレーナで行われている飛込競技は1日、女子3m飛板飛込の予選・準決勝、混合10mシンクロ高飛込の決勝を行った。

女子3m飛板飛込には、日本から三上紗也可(米子DC/日本体育大学)と榎本遼香(栃木県スポーツ協会)が出場した。三上は6位、榎本は14位で予選を通過。準決勝で三上は6位、榎本は10位となり、2日に行われる決勝へ進んだ。

混合10mシンクロ高飛込は中華人民共和国のペアが341.16点で優勝。317.01点のウクライナ組が2位、315.90点のアメリカ合衆国組が3位だった。日本勢はこの種目に出場していない。

2日は男子10m高飛込の予選・準決勝、女子3m飛板飛込の決勝が行われる。

■世界水泳ブダペスト男子水球グループ分け

  • グループA:ブラジル、ジョージア、ハンガリー、モンテネグロ
  • グループB:クロアチア、ドイツ、ギリシャ、日本
  • グループC:カナダ、スペイン、イタリア、南アフリカ
  • グループD:オーストラリア、カザフスタン、セルビア、アメリカ合衆国

■世界水泳ブダペスト男子水球日本代表メンバー

  • GK 棚村 克行
  • FP 足立 聖弥
  • FP 荻原 大地
  • FP 渡邉 太陽
  • FP 伊達 清武
  • FP 鈴木 透生
  • FP 眞板 悠貴
  • FP 髙田 充
  • FP 荒井 陸
  • FP 稲場 悠介
  • FP 大川 慶悟
  • FP 荒木 健太
  • GK 福島 丈貴

スタッフ

  • ヘッドコーチ 塩田 義法
  • コーチ 長沼 敦
  • コーチ 筈井 翔太
  • トレーナー 高橋 利一

■日本代表(飛込)

男子

  • 高飛込 玉井 陸斗(JSS宝塚/須磨学園高等学校)
  • 高飛込 大久保 柊(昭和化学工業株式会社/東京SC)
  • 3m飛板飛込 坂井 丞(ミキハウス)
  • 3m飛板飛込・混合シンクロ3m飛板飛込 須山 晴貴(栃木県スポーツ協会)

女子

  • 3m飛板飛込・シンクロ3m飛板飛込 三上 紗也可(米子DC/日本体育大学)
  • 3m飛板飛込・混合シンクロ3m飛板飛込 榎本 遼香(栃木県スポーツ協会)
  • シンクロ3m飛板飛込 金戸 凜(セントラルスポーツ/日本大学)
  • 高飛込・シンクロ高飛込 板橋 美波(JSS宝塚・滋賀県スポーツ協会)
  • 高飛込・シンクロ高飛込 荒井 祭里(JSS宝塚/武庫川女子大学)

スタッフ

  • ヘッドコーチ 安田 千万樹(鳥取県地域づくり推進部スポーツ課/米子DC)
  • コーチ 馬淵 崇英(JSS宝塚)
  • コーチ 松本 行夫(栃木DC)
  • トレーナー 桐山 大輔(からだリカバリールーム)

オリンピックに向けて。 これらすべてをゲット。

スポーツイベントを無料でライブ観戦。さまざまなシリーズに無制限アクセス。 他には真似のできないオリンピックニュース&ハイライト