【バレーボール】男子世界選手権3日目:龍神NIPPONはブラジルにストレート負け

スロベニアおよびポーランドで開催されるFIVB2022男子バレーボール世界選手権は、現地時間8月26日に開幕。プールBの龍神NIPPON(日本代表)は28日、第1次ラウンド2戦目でブラジル代表と対戦し、セットカウント0-3で敗れた。

文: オリンピックチャンネル編集部
写真: 2021 Getty Images

FIVB(国際バレーボール連盟)2022男子世界選手権(FIVB Men's World Championship 2022)は、現地時間8月26日に開幕。プールBの龍神NIPPON(日本代表)は28日、リュブリャナのアリーナ・シュトジツェで第1次ラウンドの2戦目、ブラジル代表戦に臨んだ。

男子世界選手権は当初ロシア開催の予定だったが、スロベニアのリュブリャナおよびポーランドのカトビチェ、グリビツェで行われる。

ブラジル代表戦第1セットの先発メンバー
背番号 ポジション 選手名 所属
5 アウトサイドヒッター 大塚 達宣 早稲田大学4年
1 オポジット 西田 有志 ジェイテクトSTINGS
6 ミドルブロッカー 山内 晶大 パナソニックパンサーズ
2 ミドルブロッカー 小野寺 太志 JTサンダーズ広島
8 セッター 関田 誠大 ジェイテクトSTINGS
12 アウトサイドヒッター 髙橋 藍 日本体育大学3年
20 リベロ 山本 智大 堺ブレイザーズ

日本は強豪・ブラジルの前に序盤から苦しい展開となり、第1セットを21‐25で落とす。その後も盛り返すことはできず、第2セットを18-25、第3セットを16-25でストレート負けを喫した。

Pool B - Preliminary Phase - Men Brazil 3:0 Japan

同会場で行われたプールBのカタール代表とキューバ代表による対戦は、3-1でキューバが勝利した。2戦目を終え、プールBはブラジルが2勝で首位、2位は1勝・勝点4のキューバ。日本は1勝・勝点3で3位となっている。

日本は30日、第1次ラウンド最終戦でキューバと対戦。第1次ラウンド各組の最終成績上位2チームと、各組で3位となったチームのうち成績上位の4チームの計16チームがノックアウト方式の決勝トーナメントに進出する。

FIVB Men's World Championship 2022 | volleyballworld.com

■大会日程・放送予定(日本時間)

放送予定

  • 地上波:TBS【ハイライト】
  • ネット:Paravi

第1次ラウンド

  • 8月26日(金)21:00 日本 vs.カタール
  • 8月28日(日)21:00 日本 vs.ブラジル
  • 8月30日(火)21:00 日本 vs.キューバ

決勝トーナメント

  • 9月3-6日 ラウンド16
  • 9月7-8日 準々決勝
  • 9月10日 準決勝
  • 9月11日 決勝&3位決定戦

■日本代表メンバー

  • 1 西田有志(ジェイテクトSTINGS)
  • 2 小野寺太志(JTサンダーズ広島)
  • 5 大塚達宣(早稲田大学)
  • 6 山内晶大(パナソニックパンサーズ)
  • 7 高梨健太(ウルフドッグス名古屋)
  • 8 関田誠大(ジェイテクトSTINGS)
  • 9 大宅真樹(サントリーサンバーズ)
  • 12 高橋藍(日本体育大学)
  • 13 小川智大(ウルフドッグス名古屋)
  • 14 石川祐希(パワーバレー・ミラノ/イタリア)
  • 16 宮浦健人(スタル・ニサ/ポーランド)
  • 20 山本智大(堺ブレイザーズ)
  • 23 佐藤駿一郎(東海大学)
  • 26 村山豪(ジェイテクトSTINGS)

■出場国・組み合わせ

  • プールA:プエルトリコ、セルビア、チュニジア、ウクライナ
  • プールB:日本、ブラジル、キューバ、カタール
  • プールC:ブルガリア、メキシコ、ポーランド、アメリカ合衆国
  • プールD:カメルーン、フランス、ドイツ、スロベニア
  • プールE:カナダ、中国、イタリア、トルコ
  • プールF:アルゼンチン、エジプト、イラン、オランダ

オリンピックに向けて。 これらすべてをゲット。

スポーツイベントを無料でライブ観戦。さまざまなシリーズに無制限アクセス。 他には真似のできないオリンピックニュース&ハイライト