スケルトン、2021/2022注目ポイントは?

11月19日に初戦を迎えるスケルトンワールドカップに、世界のトップアスリートたちが集結する。2022年2月4日に開幕する北京2022に照準を合わせる選手たちにとって、国際舞台で力を発揮する機会となるワールドカップサーキットは一戦一戦がとても重要だ。今季活躍が期待される選手や注目ポイントを押さえて、オリンピックシーズンを楽しもう!

文: Clémence Roult
写真: 2021 Getty Images

10月25-26日、北京2022冬季オリンピックで使用される中国・延慶の新しいトラックで行われたテストイベントが成功裏に終了し、いよいよスケルトンワールドカップの新シーズンが、11月19日オーストリア・インスブルックで開幕する。

世界のトップスケルトンレーサーたちは、オリンピックシーズンに向けて準備万端だ。北京2022開幕の2週間前となる1月14日にスイス・サンモリッツで開催されるワールドカップ最終戦までの熱戦をより楽しむために、今季の注目ポイントをチェックしよう!

オリンピック王者のユン・ソンビン(韓国)は、強豪選手を抱えるドイツチームとラトビアのレジェンドであるマルティンス・ドゥクルスの挑戦を阻止するため、最高のパフォーマンスを発揮する必要がある。

女子は、ローラ・ディーズが全国民の期待を背負い、英国代表のメダル連続獲得のレガシーを維持できるかに期待がかかっている。ユンと同様に、強豪ドイツ勢や、前回のワールドカップ総合優勝者であるジャニーン・フロック(オーストリア)との対戦にも注目だ。

レーリング、ヘルマン、ニーゼ、精鋭ぞろいの女子ドイツ勢

バンクーバー2010エイミー・ウィリアムズソチ2014平昌2018リジー・ヤーノルドによるオリンピック3連覇に続き、イギリスは自国選手が北京大会の女子スケルトンで4連覇を達成することを熱望している。これらの金メダリストはいずれも引退しているため、国民の期待は、平昌2018の銅メダリストで、前回の世界選手権で4位入賞をしているディーズに託されている。

しかし、ディーズはドイツ強豪3選手との激しい競争に直面するだろう。個人種目と混合チーム種目の両方で優勝し、2021年世界選手権2冠に輝いたティナ・ヘルマン、平昌2018の銀メダリストで、2021年に2度世界選手権で2位(個人と混合チーム種目)に輝いたジャクリーン・レーリング、そして2021年のジュニア世界チャンピオンのハンナ・ニーゼ。先日の延慶でのテストイベントでは、ヘルマンが1位、ニーゼが2位、レーリングが4位に終わり、この結果は、ワールドカップシーズンとオリンピックを前に、今季を占う強いメッセージとなった。

先日のテストイベントで3位に入ったエレナ・ニキティナ(ROC)も見逃してはならない。ソチ2014銅メダリストで、2019年にワールドカップの総合優勝を果たし、2021年の世界選手権で銅メダルを獲得しているニキティナは、北京2022でのメダル有力候補となるだろう。

また、オーストリアのフロックにも注目してほしい。昨シーズン、参加したワールドカップのすべての大会で表彰台に上り、3つの金メダルを獲得した彼女は、2021年のワールドカップで2度目の総合優勝を果たしている。

男子クリスタルグローブ11個目の獲得を目指すマルティンス・ドゥクルス

北京2022を目前に控え、男子スケルトン界の最大の関心事は、ユン・ソンビンがオリンピックの王座を維持できるかどうかだ。

母国開催となった前回の平昌オリンピックで金メダルを獲得したユンは、ショートトラック以外でオリンピックタイトルを獲得した初の韓国人選手となった。ファンからは「皇帝」と呼ばれ、有名なアイアンマン(米映画のスーパーヒーロー)のヘルメットをかぶった彼は、来年2月の北京大会をピークとする新シーズンに向けて、1日に5~6時間のトレーニングを行っている。

「オリンピックは重要ですが、今回のオリンピックの目標は、悔いのないようにできるだけ楽しむことです」とOlympics.comの独占インタビューで語っている。

しかし、ユンの歴史的なオリンピック2連覇達成を阻止しようとするドイツ勢に注意が必要だ。

先日、個人世界チャンピオンに輝いたクリストファー・グロテア、2020/2021ワールドカップシーズンの銀メダリストであり、世界選手権の銅メダリストであるアレクサンダー・ガスナー、2020年世界選手権2位のアクセル・ユンクなど、ドイツにはワールドカップ制覇とオリンピック金メダルを狙う選手が数多く控えている。

今シーズン他の国の選手が逆転するとするならば、それはラトビアのドゥクルス兄弟だろう。マルティンストマスは、ワールドカップの総合表彰台に上がった経験があり、兄のマルティンスはすでにスケルトン界で最も偉大なチャンピオンのひとりと言われている。マルティンスは2010年から2021年にかけて、10個のビッグクリスタルグローブと、6つの世界選手権タイトル、2つのオリンピック銀メダルを獲得した。今シーズン、彼はきっとワールドカップのタイトルをさらに増やし、彼がまだ持っていない唯一のタイトル”オリンピック金メダル”を狙いに行くだろう。

2021/2022 IBSFスケルトンワールドカップ日程

  • 2021年11月19日 インスブルック (オーストリア)
  • 2021年11月26日 インスブルック (オーストリア)
  • 2021年12月3日 アルテンブルク (ドイツ)
  • 2021年12月10日 ヴィンターベルク (ドイツ)
  • 2021年12月17日 アルテンブルク(ドイツ)
  • 2021年12月31日 スィグルダ (ラトビア)
  • 2022年1月7日 ヴィンターベルク (ドイツ)
  • 2022年1月14日 サンモリッツ (スイス)

北京2022スケルトン

2022年2月に開催される北京冬季オリンピックでは、50名のアスリートが男女2種目でオリンピックの栄光をかけて戦う。

スケルトンは、北京から北西に74km離れた延慶市の国家スライディングセンターで行われる。このトラックは、リュージュボブスレーにも使用される。

関連記事:北京2022スケルトン:知っておくべき5つのこと

北京2022スケルトン大会日程

2022年2月10日(現地時間)

  • 9:30-10:24 男子第1滑走
  • 11:00-11:55 男子第2滑走

2022年2月11日(現地時間)

  • 9:30-10:24 女子第1滑走
  • 11:00-11:55 女子第2滑走
  • 20:20-21:14 男子第3滑走
  • 21:55-22:40 男子第4滑走

2022年2月12日(現地時間)

  • 20:20-21:14 女子第3滑走
  • 21:55-22:40 女子第4滑走

スケルトン競技全日程

オリンピックに向けて。 これらすべてをゲット。

スポーツイベントを無料でライブ観戦。さまざまなシリーズに無制限アクセス。 他には真似のできないオリンピックニュース&ハイライト