Tokyo2020組織委員会、体操国際大会の知見を共有…11月8日に東京開催「友情と絆の大会」

文: オリンピックチャンネル編集部

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大後、Tokyo 2020(東京五輪)実施競技として初となる東京開催の国際大会「Friendship and Solidarity Competition(友情と絆の大会/体操)」が11月8日行われた。この大会で得た知見を共有するため、Tokyo 2020組織員会は10日、FIG(国際体操連盟)の渡邉守成会長を招き、意見交換を行った。(画像は、Tokyo 2020ライブ配信より)

渡邉会長は「東京で安全に国際大会ができることを世界に証明する。そして選手たちの生の声を伝える。この2つの目的は達成できた」とコメント。「内村航平選手を始め、参加した選手たちが勇気を振り絞って発言してくれた。選手目線で大会を開催してもらいたい」と提言している。

組織委員会の中村英正ゲームズ・デリバリー・オフィサー(GDO)は、大会後に内村航平が「どうやったらできるかを考えて、どうにかできるように考えを変えてほしい」とコメントしたことを受け、「これは組織委員会にとっても大きな宿題」と発言。小谷実可子スポーツ・ディレクター(SD)は「組織委員会も内村選手の思いと同じ」と口にした。

また、大会成功の要因について記者から質問を受けた渡邉会長は、早い段階でガイドラインを告知していたことに加えて「選手が危機感を共有していたことが大きい」と回答。また偽陽性について、FIGアンチドーピング・メディカル&サイエンス委員会の岩崎安伸委員長は「さまざまな専門家の知見を、いかに集結させるか。多くの人の力を合わせて対応すべき」と提案したと明かした。