【6月27日開幕】ウィンブルドン2022の日程・放送予定|ジョコビッチ、ナダル、シフィオンテク、S・ウィリアムズらが登場

イギリス・ロンドンにて、現地時間6月27日よりウィンブルドン2022が開幕する。昨年の男子シングルス王者ノバク・ジョコビッチをはじめ、全仏オープン2022を優勝したラファエル・ナダルとイガ・シフィオンテク、そして1年ぶりの復帰を果たすセリーナ・ウィリアムズなど、スーパープレーヤーたちが100周年を記念する芝のセンターコートへ一堂に会する。ここでは、大会の放送予定と見どころを紹介しよう。

文: オリンピックチャンネル編集部
写真: ©AELTC/Thomas Lovelock

イギリス・ロンドンにある「オールイングランド・ローンテニス・アンド・クローケー・クラブ」にて、現地時間6月27日より、グランドスラム(テニス四大大会)のひとつウィンブルドン2022が開幕する。

男子シングルスでは、昨年のウィンブルドンを制したノバク・ジョコビッチ(セルビア)をはじめ、閉幕したばかりの全仏オープン2022覇者のラファエル・ナダル(スペイン)とイガ・シフィオンテク(ポーランド)、さらにはシングルスで1年ぶりの復帰を果たすセリーナ・ウィリアムズ(アメリカ合衆国)が大会に名を連ねている。ここでは、盛り上がり必至のウィンブルドン2022の放送予定と見どころを紹介しよう。

公式サイト:Wimbledon(大会ATPWTA

■ウィンブルドン2022の日程・放送予定

【日程】

Order of Play(大会公式サイト)

6月27日(月)

  • 男女シングルス 1回戦

6月28日(火)

  • 男女シングルス 1回戦

6月29日(水)

  • 男女シングルス 2回戦
  • 男女ダブルス 1回戦

6月30日(木)

  • 男女シングルス 2回戦
  • 男女ダブルス 1回戦

7月1日(金)

  • 男女シングルス 3回戦
  • 男女ダブルス 2回戦
  • 混合ダブルス 1回戦

7月2日(土)

  • 男女シングルス 3回戦
  • 男女ダブルス 2回戦
  • 混合ダブルス 1回戦

7月3日(日)

  • 男女シングルス 4回戦
  • 男女ダブルス ラウンド16
  • 混合ダブルス ラウンド16

7月4日(月)

  • 男女シングルス 4回戦
  • 男女ダブルス ラウンド16
  • 混合ダブルス 準々決勝

7月5日(火)

  • 男女シングルス 準々決勝
  • 男女ダブルス 準々決勝
  • 混合ダブルス 準決勝

7月6日(水)

  • 男女シングルス 準々決勝
  • 男女ダブルス 準々決勝

7月7日(木)

  • 女子シングルス 準決勝
  • 男子ダブルス 準決勝
  • 混合ダブルス 決勝
  • 車いすテニス男子/女子/クアード シングルス 準々決勝

7月8日(金)

  • 男子シングルス 準決勝
  • 女子ダブルス 準決勝
  • 車いすテニス男女シングルス 準決勝
  • 車いすテニス男子/女子/クアード ダブルス 準決勝

7月9日(土)

  • 女子シングルス 決勝
  • 男子ダブルス 決勝
  • 車いすテニス女子シングルス 決勝
  • 車いすテニス男子ダブルス 決勝
  • 車いすテニスクアード シングルス 準決勝

7月10日(日)

  • 男子シングルス 決勝
  • 女子ダブルス 決勝
  • 車いすテニス男子/クアード シングルス 決勝
  • 車いすテニス女子/クアード ダブルス 決勝

【放送予定】

※いずれも、大会期間中毎日放送(2022年6月26日現在)

■ウィンブルドン2022見どころ

今年のウィンブルドンは、これまで休養日として扱われてきたミドルサンデー(大会期間中の日曜日)にも試合スケジュールが組み込まれ、14日間フルの日程で、イギリス・ロンドンの由緒正しきテニスコートが熱気に包まれることになる。また、美しい緑の芝のサーフェスで有名なセンターコートで、ウィンブルドンが行われるようになってから、今年でちょうど100周年という記念すべき節目を迎える。15,000人を収容できる会場も、今年は制限なく迎え入れる予定で、さまざまなアニバーサリーイベントが用意されている。

もちろん、ウィンブルドンの主役は選手だ。

男子シングルスの注目は、なんと言っても、昨年の覇者でウィンブルドン3連覇中のノバク・ジョコビッチ(セルビア)だ。相性の良いロンドンの芝で、通算6度の優勝誇るジョコビッチが自身の連覇の記録だけでなく、グランドスラムの優勝回数も20から21へ増やすことができるのか。大会初日(6月27日)の1回戦から登場する王者から目が離せない。

そして、ジョコビッチの連覇に待ったをかけるのが、今月上旬に閉幕した全仏オープン2022で通算14度目の優勝を収めたラファエル・ナダル(スペイン)だ。先の全仏オープン準々決勝では、ジョコビッチと対戦し、4時間に及ぶ激闘を制して話題となった。足に慢性的な悩みを抱えているナダルは、全仏での優勝後、このウィンブルドンに向けて新たな治療を始めたと告白。強靭なメンタルとフィジカルを武器に、どんなプレーを見せてくれるのか。

女子シングルスでは、全仏オープン2022を優勝したイガ・シフィオンテク(ポーランド)が、このウィンブルドンにも登場。過去2度出場したロンドンのセンターコートでは、準々決勝にまで勝ち進んだ経験がない。成長著しい21歳のプレーヤーが、今年はどんな進化を見せるのか。さらに、ワイルドカード枠で、セリーナ・ウィリアムズ(アメリカ合衆国)が、1年ぶりにこのウィンブルドンでシングルスに復帰する。23度のグランドスラム優勝記録をもつ世界のスーパースターは、ファンの前でいったいどんなドラマを紡ぐのだろうか。

日本からは、西岡良仁、ダニエル太郎、土居美咲、本玉真唯の計4選手がシングルスにエントリーしている。グランドスラム4度の優勝経験がある大坂なおみは、アキレス腱の怪我の状態が思わしくなく、ウィンブルドン欠場を自身のツイッターで発表している。

オリンピックに向けて。 これらすべてをゲット。

スポーツイベントを無料でライブ観戦。さまざまなシリーズに無制限アクセス。 他には真似のできないオリンピックニュース&ハイライト