【テニス】ナショナルバンクOP第7日:キャスパー・ルードがフェリックス・オジェ=アリアシムを撃破

カナダ・モントリオール開催のATP1000・ナショナルバンクOPは現地時間8月12日、シングルス準々決勝を実施。世界ランキング7位キャスパー・ルードが、同9位フェリックス・オジェ=アリアシムを破っている。

文: オリンピックチャンネル編集部
写真: 2022 Getty Images

カナダ・ケベック州モントリオールで開催されているATP(男子プロテニス協会)ツアー「ナショナルバンクオープン(National Bank Open Presented by Rogers)」は大会7日目となる現地時間8月12日、シングルスおよびダブルス準々決勝を行った。ナショナルバンクOPのサーフェスはハードで、グレードはグランドスラム(四大大会、以下GS)に次ぐATP1000。同名のWTA(女子テニス協会)ツアーは、同国オンタリオ州トロントで開催されている。

■ルードがオジェ=アリアシムを破り4強

シングルス準々決勝では、キャスパー・ルード(ノルウェー/ATP世界ランキング7位)とフェリックス オジェ=アリアシム(カナダ/同9位)が激突。試合では終始ルードが主導権を握り、6-1,6-2のストレート勝ちを収めた。

今季ウィンブルドン準優勝のニック・キリオス(オーストラリア/同37位)は、ホベルト・ホルカシュ(ポーランド/同10位)と対戦した。タイブレークにもつれたダイセットをホルカシュが取ると、第2セットもタイブレークへ。今度はキリオスが取り返し、勝負はファイナルセットに持ち込まれる。ここはホルカシュが6-1でものにし、接戦を制した。準決勝ではルードと対戦する。

パブロ・カレーニョ・ブスタ(スペイン/同23位)とダニエル・エバンス(イギリス/同39位)もベスト4に進んだ。

オリンピックに向けて。 これらすべてをゲット。

スポーツイベントを無料でライブ観戦。さまざまなシリーズに無制限アクセス。 他には真似のできないオリンピックニュース&ハイライト