【8月23日開幕】卓球・WTTフィーダー オロモウツの放送予定|リオ2016銀メダリスト吉村真晴や、張本美和らが出場

チェコ・オロモウツにて「WTTフィーダー」が現地時間8月23日に開幕する。パリ2024日本代表選考ポイントで現在上位に位置する横谷晟やリオ2016男子団体銀メダリストの吉村真晴、前回大会で女子シングルス準優勝の張本美和らが出場する本大会の放送予定と見どころを紹介しよう。

文: オリンピックチャンネル編集部
写真: 2016 Getty Images

2021年より新しく始まったITTF(国際卓球連盟)国際大会のWTT(World Table Tennis/ワールドテーブルテニス)シリーズのひとつ、「WTTフィーダー」がチェコ共和国のオロモウツにて、現地時間8月23日より開幕する。この大会には、パリ2024の国内代表選考レースで、現時点で選考ポイントランキング上位にいるリオ2016男子団体銀メダリストの吉村真晴や横谷晟をはじめ、前回出場の「WTTコンテンダー チュニス(チュニジア)」の混合ダブルスで、兄の張本智和とペアを組み、国際大会初出場にして初優勝を収めた張本美和など、男子7名、女子2名の合計9名の日本代表選手が出場する予定だ。ここでは、大会の放送予定と見どころを紹介しよう。

■日程・放送予定

【日程】

2022年8月23日(火)〜 28日(日)

  • 予選:23日〜24日
  • 本戦:25日〜28日

【放送予定】

未定

※2022年8月22日時点の情報

大会公式HP:WTT Feeder Olomouc 2022

■見どころ

2021年より新しく始まった卓球の国際大会「WTTシリーズ」は、以下の通り7つのカテゴリーに分類される(括弧内の数字は、年間開催最大数)

  1. グランドスマッシュ(4)
  2. カップファイナル(2)
  3. チャンピオン(8)
  4. スターコンテンダー(6)
  5. コンテンダー(14)
  6. フィーダーシリーズ(60)
  7. ユースシリーズ(100)

現地時間8月23日にチェコ共和国で開幕する「WTTフィーダー オロモウツ」は、シリーズのカテゴリー上位から6番目に位置付けられる。

2年後に開幕を控えたパリ2024の日本代表選考レースで重要となるのが、オリンピック選考ポイント対象となる国内外の競技会での成績だ。先週末(8月15日)に終了したポイント対象競技会のひとつ「Tリーグ NOJIMA CUP 2022」の男子シングルスで準優勝したのが、リオ2016男子団体で銀メダル獲得に貢献した吉村真晴だ。Tokyo2020の出場を逃したベテランの吉村は、パリ2024の選考ランキングで現在6位にランクインしており、休息することなく、今度はWTTシリーズの国際大会へ参戦し、さらなる飛躍を目指す。ほかにも、パリ2024選考ランキングで現在3位の横谷晟や、吉村の実弟である吉村和弘など、男子選手7名が本大会にエントリーしている。

また女子では、成長著しい張本美和が今大会に出場する。張本は、今月上旬に行われた上位カテゴリーの国際大会「WTTコンテンダー チュニス(チュニジア)」において、実の兄であり、Tokyo2020男子団体銅メダルに輝く張本智和と「はりはりペア」という愛称でコンビを組んで出場した混合ダブルスで、国際試合デビューにして初優勝を果たすという快挙を達成。さらに、同大会の女子シングルスでは銀メダルに輝くなど、世界からの注目を一気に集めた。

パリ2024に向けて、熾烈な日本代表争いは、対象競技会でない卓上でも火花を散らしているようだ。見逃せない。

日本代表(自主参加)

男子(7名)

  • 吉村和弘(TRAIL)WR113
  • 吉山僚一(愛工大名電高校)WR137
  • 神巧也(ファースト)WR150
  • 横谷晟(愛知工業大学)WR208
  • 吉村真晴(愛知ダイハツ)WR328
  • ⾕垣佑真(愛知⼯業⼤学)WR451
  • 松⼭祐季(協和キリン)WR -

女子(2名)

  • 張本美和(木下アカデミー)WR42
  • 菅澤柚花⾥(デンソー)WR -

※ WR(=世界ランキング)は、2022年第32週時点のもの

※ 2022年8月22日 日本卓球協会発表より

オリンピックに向けて。 これらすべてをゲット。

スポーツイベントを無料でライブ観戦。さまざまなシリーズに無制限アクセス。 他には真似のできないオリンピックニュース&ハイライト