【卓球】WTTコンテンダー・チュニス第6日:木造勇人/張本智和が男子複V…張本美和は女子単準優勝

WTTコンテンダー・チュニスで現地時間8月6日に最終日を迎えた。女子シングルス決勝では、張本美和(木下アカデミー)がチャン・ルイ(中華人民共和国)と対戦。熱戦の末に敗れて準優勝となった。男子ダブルス決勝では、木造勇人(個人)/張本智和(IMG)が中国ペアを破っている。

文: 渡辺文重
写真: Getty Images

チュニジア・チュニスで現地時間8月1日に開幕したWTTコンテンダーは6日、最終日を迎えた。WTT(World Table Tennis/ワールド・テーブル・テニス)は2021年に新設されたITTF(国際卓球連盟)国際大会シリーズで、コンテンダーはグランドスマッシュ、 カップファイナル、チャンピオン、スターコンテンダーに続く5番目の格付けとなっている。

■張本美和は準優勝

女子シングルス決勝は、ITTF世界ランキング66位の張本美和(木下アカデミー)と、同47位のチャン・ルイ(中華人民共和国)が対戦。チャン・ルイは2回戦で平野美宇、準決勝で長﨑美柚(ともに木下グループ)を破っている。

第1ゲームは12-12から突き放した張本美が、14-12で先取。しかし、この後は3ゲーム連続で落として追い込まれる。それでも第5ゲームを11-9で取り返すと、第6ゲームも連取。勝負は第7ゲームに委ねられる。最終ゲームは11-11までもつれ込むも、最後はチャン・ルイが連続ポイント。1時間24分にわたる熱戦は、チャン・ルイに軍配が上がった。

男子シングルス決勝は、ウーゴ・カルデラノ(ブラジル)が4-1でアレクシス・ルブラン(フランス)を下している。

■木造勇人/張本智和が男子複を制す

男子ダブルス決勝では、木造勇人(個人)/張本智和(IMG)と、中華人民共和国のジャオ・ズーホウ/シュー・フェイが対戦。3-2で木造/張本智が勝利を収めた。張本智は、張本美とのペアで混合ダブルスも制しており、今大会2冠となった。

女子ダブルス決勝は、中国勢同士の対戦。チャン・ルイ/クアイ・マンが、シ・シュンヤオ/ホー・ジュオジアを下している。

次回のWTTシリーズは、9月4日からオマーン・マスカット、9月13日からカザフスタン・アルマトイで、それぞれコンテンダーが開催される。


【放送予定】

ネット:テレビ東京 卓球チャンネル(ライブ配信)

大会公式HP:WTT Contender Tunis 2022

日本代表(自主参加)

男子(7名)

  • 張本智和(IMG)WR8
  • 宇田幸矢(明治大学)WR26
  • 丹羽孝希(スヴェンソンホールディングス)WR62
  • 木造勇人(個人)WR68
  • 及川瑞基(木下グループ)WR106
  • 田中佑汰(愛知工業大学)WR111
  • 吉村和弘(TRAIL)WR113

女子(6名)

  • 石川佳純(全農)WR9
  • 平野美宇(木下グループ)WR17
  • 長﨑美柚(木下グループ)WR49
  • 張本美和(木下アカデミー)WR66
  • 笹尾明日香(日本生命)WR77
  • 森さくら(日本生命)WR81

※ WR(=世界ランキング)は、2022年第29週時点のもの

オリンピックに向けて。 これらすべてをゲット。

スポーツイベントを無料でライブ観戦。さまざまなシリーズに無制限アクセス。 他には真似のできないオリンピックニュース&ハイライト