【6月25日】世界水泳ブダペスト競泳8日目の放送予定|大橋悠依と谷川亜華葉が女子400m個人メドレーでメダル目指す

世界水泳ブダペスト2022は8日目となる現地時間6月25日、競泳競技の最終日を迎える。午前に予選、午後に決勝が行われる女子400m個人メドレーにはTokyo2020個メ2冠の大本里佳(全日本空輸株式会社)と谷川亜華葉(イトマンスイミングスクール・近畿大学1年)が出場する。

文: オリンピックチャンネル編集部
写真: Getty Images

ハンガリー・ブダペストのドナウアレーナで開催されているFINA(国際水泳連盟)第19回世界選手権大会水泳競技大会「世界水泳ブダペスト2022」は現地時間6月25日、競泳競技の最終日を迎える。競泳の競技スケジュールおよび放送予定は以下の通り。※放送予定などの時刻は、全て日本時間。

■世界水泳ブダペスト2022競泳日目の放送予定

6月25日(土)競泳8日目

■世界水泳ブダペスト2022競泳8日目の競技日程

公式サイト:Schedule(19th FINA World Championships Budapest 2022)

6月25日(土)競泳8日目

  • 16:00 女子400mメドレー予選
  • 16:21 男子4x100mメドレーリレー予選
  • 16:39 女子4x100mメドレーリレー予選
  • 25:02 男子50m背泳ぎ決勝
  • 25:09 女子50m平泳ぎ決勝
  • 25:17 男子1500m自由形決勝
  • 25:47 女子50m自由形決勝
  • 26:01 女子400mメドレー決勝
  • 26:20 男子4x100mメドレーリレー決勝
  • 26:38 女子4x100mメドレーリレー決勝

■世界水泳ブダペスト2022競泳8日目の見どころ

Tokyo2020の女子400mおよび200m個人メドレーで2冠に輝いた大橋悠依が、女子400m個メに出場する。18日に行われた女子200m個メでは準決勝敗退となったが、大会を締めくくる女子400m個メで金メダル獲得なるか。女子400m個メは現地時間の午前に予選、午後に決勝が行われる。女子400m個メには、Tokyo2020日本代表の谷川亜華葉も出場する。

日本は男子4x100mメドレーリレーにエントリー。チーム種目でのメダル獲得を目指す。

またアーティスティックスイミング(AS)では、佐藤友花/佐藤陽太郎のきょうだいペアが混合デュエット・フリールーティン決勝に出場(CSテレ朝チャンネル2で20:30より生中継)。男子水球日本代表はクロアチア代表と対戦する。

競泳とアーティスティックスイミング(AS)は25日が最終日となるが、世界水泳ブダペスト2022は7月3日まで熱戦が続く。

■世界水泳ブダペスト2022競泳・日本代表

男子

  • 自由形・バタフライ 松元 克央(ミツウロコ)
  • 背泳ぎ 入江 陵介(イトマン東進)
  • 平泳ぎ 武良 竜也(ミキハウス)
  • 平泳ぎ 花車 優(キッコーマン)
  • バタフライ 水沼 尚輝(新潟医療福祉大学職員)
  • バタフライ・個人メドレー 本多 灯(アリーナつきみ野スポーツクラブ・日本大学3年)
  • バタフライ 寺田 拓未(ミキハウス)
  • 個人メドレー 瀬戸 大也(TEAMDAIYA)

女子

  • 自由形 難波 実夢(JSS・近畿大学2年)
  • 自由形 小堀 倭加(セントラルスポーツ戸塚・日本大学4年)
  • 平泳ぎ 青木 玲緒樹(ミズノ)
  • バタフライ 林 希菜(イトマンスイミングスクール・同志社大学3年)
  • バタフライ 水口 知保(セントラルスポーツ目黒・明治大学3年)
  • 個人メドレー 大本 里佳(全日本空輸株式会社)
  • 個人メドレー 谷川 亜華葉(イトマンスイミングスクール・近畿大学1年)
  • 個人メドレー 大橋 悠依(イトマン東進)
  • 自由形 増田 葵(菅公学生服・近大クラブ)
  • 自由形 吉井 萌萌花(イトマンスイミングスクール・近畿大学附属高等学校3年)

役員

  • 監督 梅原 孝之(株式会社ジェイエスエス)
  • コーチ 平井 伯昌(東洋大学)
  • コーチ 萱原 茂樹(アリーナつきみ野スポーツクラブ)
  • コーチ 石松 正考(イトマンスイミングスクール)
  • コーチ 茅原 直人(JSS)
  • コーチ 下山 好充(新潟医療福祉大学)
  • コーチ 塚田 陽一(イトマンスイミングスクール)
  • コーチ 藤森 善弘(横浜サクラスイミングスクール・ミキハウス)
  • トレーナー 杉本 啓(株式会社サンイリオス・インターナショナル)
  • トレーナー 藤田 敬(Conditioning Studio Nico)
  • トレーナー 松浦 由生子(新潟医療福祉大学)
  • 分析 林 勇樹(学校法人追手門学院大学)
  • 総務 草薙 あゆ美(日本オリンピック委員会)
  • 総務 遠藤 百茄(日本オリンピック委員会)

役員(本部)

  • 団長 坂元 要(日本水泳振興会)
  • 総監督 村松 さやか(日本オリンピック委員会)
  • ドクター 坂口 健史(名古屋大学医学系研究科整形外科)
  • ドクター 南條 成輝(金沢大学附属病院)

オリンピックに向けて。 これらすべてをゲット。

スポーツイベントを無料でライブ観戦。さまざまなシリーズに無制限アクセス。 他には真似のできないオリンピックニュース&ハイライト