【競泳】世界水泳ブダペスト第1日:瀬戸大也「後半でガクッときた」…男子400m個人メドレーで6位、本多灯は7位

FINA第19回世界選手権大会水泳競技大会「世界水泳ブダペスト2022」の競泳が6月18日に開幕。男子400m個人メドレー決勝では瀬戸大也が6位、本多灯が7位だった。女子200mメドレーでは大本里佳が19日の決勝に進んだものの、同種目金メダリストの大橋悠依は準決勝敗退となっている。

文: オリンピックチャンネル編集部
写真: 2022 Getty Images

FINA(国際水泳連盟)第19回世界選手権大会水泳競技大会「世界水泳ブダペスト2022」の競泳が現地時間6月18日、ハンガリーのドナウアレーナで開幕した。初日は男子400m個人メドレーで予選と決勝が行われ、日本から瀬戸大也(TEAM DAIYA)と本多灯(アリーナつきみ野スポーツクラブ・日本大学)が決勝に出場。瀬戸は6位、本多は7位だった。

瀬戸はトップと7秒65差の4分11秒93。予選で記録した4分10秒51を下回る結果となった。レース後は「前半でもがいた分、後半でガクッときてしまった」と疲労や練習強度の影響があったとコメント。それでも世界の舞台で刺激を受けたとし、「チャレンジャーの気持ちでここから頑張っていきたい」と前を向いた。本多は4分12秒20だった。

瀬戸大也

前半でもがいた分、後半でガクッときてしまいました。そこは練習(が必要)かなというところです。

(疲労の影響?)そうですね。疲労と、高強度での練習が積めていなかったことで、後半の粘りたいところで粘れませんでした。残念です。しっかりと立て直して頑張りたいです。

収穫はあったとはいえ、身体がきつい状態でも7秒を出したかったというのが正直なところです。あとはこうした舞台で戦うと、世界の情勢を肌で感じることができます。刺激をもらったので、チャレンジャーの気持ちでここから頑張っていきたいです

優勝はフランスの20歳、レオン・マルシャンだった。予選をトップの4分09秒09で通過すると、決勝ではさらに5秒近くタイムを上げて、大会新記録となる4分04秒28でフィニッシュ。マイケル・フェルプス氏(アメリカ合衆国)が2008年にマークした世界記録「4分03秒84」に迫る泳ぎを見せた。銀メダルは4分06秒56のカーソン・フォスター(米国)、銅メダルは4分07秒47のチェイス・カリシュ(同)だった。

そのほかの種目では、女子200mメドレーで大本里佳(全日本空輸)が19日の決勝に進出。同種目でTokyo2020金メダリストの大橋悠依(イトマン東進)は準決勝で13位となり、決勝進出を逃した。女子400m自由形予選に出場した難波実夢(JSS・近畿大学)は9位で、惜しくも決勝進出ならず。武良竜也(ミキハウス)は男子100m平泳ぎで予選を突破したものの、全体10位で準決勝敗退となった。

世界水泳ブダペスト2022の競泳は25日まで開催。19日は大本が女子200mメドレーの決勝に出場するほか、男子100m背泳ぎの入江陵介(イトマン東進)、女子100m平泳ぎの青木玲緒樹(ミズノ)らが予選に登場する。

■世界水泳ブダペスト2022競泳・日本代表

男子

  • 自由形・バタフライ 松元 克央(ミツウロコ)
  • 背泳ぎ 入江 陵介(イトマン東進)
  • 平泳ぎ 武良 竜也(ミキハウス)
  • 平泳ぎ 花車 優(キッコーマン)
  • バタフライ 水沼 尚輝(新潟医療福祉大学職員)
  • バタフライ・個人メドレー 本多 灯(アリーナつきみ野スポーツクラブ・日本大学3年)
  • バタフライ 寺田 拓未(ミキハウス)
  • 個人メドレー 瀬戸 大也(TEAMDAIYA)

女子

  • 自由形 難波 実夢(JSS・近畿大学2年)
  • 自由形 小堀 倭加(セントラルスポーツ戸塚・日本大学4年)
  • 平泳ぎ 青木 玲緒樹(ミズノ)
  • バタフライ 林 希菜(イトマンスイミングスクール・同志社大学3年)
  • バタフライ 水口 知保(セントラルスポーツ目黒・明治大学3年)
  • 個人メドレー 大本 里佳(全日本空輸株式会社)
  • 個人メドレー 谷川 亜華葉(イトマンスイミングスクール・近畿大学1年)
  • 個人メドレー 大橋 悠依(イトマン東進)
  • 自由形 増田 葵(菅公学生服・近大クラブ)
  • 自由形 吉井 萌萌花(イトマンスイミングスクール・近畿大学附属高等学校3年)

役員

  • 監督 梅原 孝之(株式会社ジェイエスエス)
  • コーチ 平井 伯昌(東洋大学)
  • コーチ 萱原 茂樹(アリーナつきみ野スポーツクラブ)
  • コーチ 石松 正考(イトマンスイミングスクール)
  • コーチ 茅原 直人(JSS)
  • コーチ 下山 好充(新潟医療福祉大学)
  • コーチ 塚田 陽一(イトマンスイミングスクール)
  • コーチ 藤森 善弘(横浜サクラスイミングスクール・ミキハウス)
  • トレーナー 杉本 啓(株式会社サンイリオス・インターナショナル)
  • トレーナー 藤田 敬(Conditioning Studio Nico)
  • トレーナー 松浦 由生子(新潟医療福祉大学)
  • 分析 林 勇樹(学校法人追手門学院大学)
  • 総務 草薙 あゆ美(日本オリンピック委員会)
  • 総務 遠藤 百茄(日本オリンピック委員会)

役員(本部)

  • 団長 坂元 要(日本水泳振興会)
  • 総監督 村松 さやか(日本オリンピック委員会)
  • ドクター 坂口 健史(名古屋大学医学系研究科整形外科)
  • ドクター 南條 成輝(金沢大学附属病院)

オリンピックに向けて。 これらすべてをゲット。

スポーツイベントを無料でライブ観戦。さまざまなシリーズに無制限アクセス。 他には真似のできないオリンピックニュース&ハイライト