【スケートボード】赤間凛音「決勝まで残ることが目標」織田夢海「優勝しか見ていない」…ストリート・スケートボード・ローマ2022に向け意気込み

ストリート・スケートボード・ローマ2022(プロツアー)の競技初日に先立ち、赤間凛音は「特に日本の選手、海外の選手にも勝ちたい」と意気込みを語った。「優勝しか見ていない」という織田夢海は“打倒ライッサ・レアル”を掲げる。同大会は現地時間29日に女子オープン予選を行う。

文: オリンピックチャンネル編集部
写真: Getty Images

イタリアで開催中のストリート・スケートボード・ローマ2022(プロツアー)は、現地時間6月29日にいよいよ競技初日を迎える。28日まで行われた公式練習を終え、翌日の女子オープン予選に出場する赤間凛音、織田夢海が意気込みを語った。

■赤間凛音

「日本にいる時からすごく楽しみでした」と語ったのは赤間。2021年12月に行われた第4回日本スケートボード選手権大会を当時12歳で制した、新進気鋭のスケーターだ。当時を振り返り「ちょっとだけ勝てるかなと思っていました」と語ったが、同大会ではTokyo2020の金メダリスト、西矢椛を退けての優勝だった。

「いろいろな選手と一緒に滑ることができて、仲良くなれたりするのかなと思いながら、楽しみにしていた」という今大会。「ライバルはみんなですけど、特に日本の椛、(中山)楓奈、夢海ちゃん。ほかの選手もいるし、海外の選手にも勝ちたい」と意気込む。

Tokyo2020は出場が叶わず、悔しい思いをしたという。「絶対出たい」というパリ2024のためにも、今大会は重要な意味を持つ。「自分の滑りをちゃんとできるように練習して、それで決勝まで残ることが目標。バーレーグラインドという技を決めたい」と29日からの競技を見据えた。

■織田夢海

「今年は勝つって決めたので、優勝しか見ていないです」。織田夢海は本番を前に力強く語った。

「久々の海外の大会で、みんなと戦える。すごく楽しみです」というストリート・スケートボード・ローマ2022は、コロッセオに隣接する会場で行われる。「最初に見たときは、レールが長くて高さもあったので、ちょっとびっくりしました」と面食らった様子。しかし、「大体の流れは決まったので、明日の最後の練習で調整して、メイク率を上げていきたいと思います」とすでにイメージはできているようだ。

「Tokyo2020は出られなかったので、今年はいろんな国際大会で上位に入ってポイントをゲットして、パリに出れたらいいなと思っています」と高いモチベーションを持って臨んでいる織田。中でも「一番倒したい人がいる」と特に意識を向けるスケーターがいる。東京で銀メダルを獲得し、4月のX Games Chiba 2022では金メダルをつかんだライッサ・レアル(ブラジル)だ。

「X Gameでも、それ以外のいろいろな大会でも勝てたことがない。小さいのに攻めているし、自分ができない技をやっている。負けていられないですし、ここで倒したいです」

勝つと決めた大会で、織田がどんな滑りを見せてくれるのか注目だ。

■日程・放送予定

【日程】

  • 6月26−28日 公式練習
  • 6月29日 競技1日目 女子予選
  • 6月30日 競技2日目 男子予選
  • 7月1日 競技3日目 男女 準々決勝
  • 7月2日 競技4日目 男女 準決勝
  • 7月3日 競技5日目 男女 決勝

※現地時間

【放送予定】

ネット:Olympics.com(ライブ中継)

  • 7月2日 23:15 男女 準決勝
  • 7月4日 01:45 男女 決勝

※日本時間

■出場選手(日本)

男子(8名)

  • 堀米雄斗
  • 白井空良
  • 青木勇貴斗
  • 佐々木来夢
  • 佐々木音憧
  • 松本浬璃
  • 甲斐穂澄
  • 根附海龍

女子(10名)

  • 西矢椛
  • 中山楓奈
  • 西村碧莉
  • 赤間凛音
  • 織田夢海
  • 伊藤美優
  • 吉沢恋
  • 上村葵
  • 中島野々花
  • 藤澤虹々可

オリンピックに向けて。 これらすべてをゲット。

スポーツイベントを無料でライブ観戦。さまざまなシリーズに無制限アクセス。 他には真似のできないオリンピックニュース&ハイライト