【パリ2024への道】ボート、出場資格取得プロセスを解説

パリ2024オリンピックのボート競技の予選大会、出場枠、出場選手数など、出場資格プロセスについて紹介。ボート競技は、パリ2024のために建設されたオリンピック施設、ノーティカル・スタジアムで行われる。

文: Gisella Fava
写真: Getty Images

ボート競技は、1900年以来、夏季オリンピックのプログラムの一部となっている。息を呑むような美しい景観の中で行われるパリ2024では、東京2020に続き、男女ともに同数の種目が実施される。

パリ2024の出場権を獲得するため、選手たちがどのような道を歩むのかを紹介したい。

パリ2024:ボート競技の参加選手数は?

パリ2024では、男女各251名計502名の選手がボート競技に出場する予定で、東京2020より24名少ない。この数には、ホスト国枠(男女各1名)とユニバーサリティ枠(男女各2名)が含まれており、多くの選手がオリンピックのボート競技に出場する。

各種目の出場選手数は以下の通りで、これにホスト国枠とユニバーサリティ枠の合計6枠が加わる。

  • シングルスカル:58選手(男女各29名)
  • ペア:52選手(男女各26名)
  • ダブルスカル:52選手(男女各26名)
  • フォア:72選手(男女各36名)
  • クオドルプルスカル:72選手(男女各36名)
  • エイト:126選手(男女各63名)
  • 軽量級ダブルスカル:64選手(男女各32名)

パリ2024:ボート競技の出場枠を得るには?

ホスト国であるフランスには、男女ともに1つの出場枠が割り当てられる。また、国際オリンピック委員会(IOC)の三者委員会が決定するユニバーサリティ枠として、男女ともに2つの出場枠が用意されている。

2024年の夏季オリンピック競技大会の出場枠を獲得するには、3つの機会がある。

  • 2023年世界ボート選手権大会

336枠(男子168、女子168)が、2023年9月3日から10日にかけてセルビアのベオグラードで開催される2023年世界ボート選手権で割り当てられる。この大会は、国際ボート連盟に加盟している国内連盟を持つすべての国内オリンピック委員会が参加できる。各種目の出場枠に応じた最高位のクルーが、自国のオリンピック委員会の艇の出場権を獲得する。

  • 2023年の大陸別予選レガッタ

64枠(女子32名、男子32名)が、4つの大陸別予選を経て割り当てられる。各大陸予選レガッタでは4種目が行われ、国際ボート連盟は2022年末までに大陸予選レガッタの開催地と日程を発表する。

  • オリンピック最終予選レガッタ(2024年5月予定)

最後のチャンスとなるのはオリンピック最終予選で、2024年5月にスイスのルツェルンで開催される。この大会で、残りの96枠(男子48、女子48)が割り当てられる。

パリ2024:ボートの競技日程は?

パリ2024では、男女それぞれ7種目、合計14種目が実施される。

  • シングルスカル(女子/男子)
  • ペア(女子/男子)
  • ダブルスカル(女子/男子)
  • フォア(女子/男子)
  • クオドルプルスカル(女子/男子)
  • エイト(女子/男子)
  • 軽量級ダブルスカル(女子/男子)

会場となるのは、オリンピックおよびパラリンピック選手村から39km離れた、ヴェール・シュル・マルヌ・ノーティカル・スタジアムで、7月27日〜8月3日の日程で行われる。

関連記事パリ2024の競技スケジュール、発表!

パリ2024に向けて注目したいボート選手

東京2020では、アイルランドギリシャボート競技で初めて金メダルに輝き、男子軽量級ダブルスカルでアイルランドのフィンタン・マッカーシーポール・オドノバンが、シングルスカルでギリシャのステファノス・ヌトウスコスが金メダルを獲得した。

中華人民共和国の選手らは、東京2020で金メダル1個、銅メダル2個を獲得する活躍を見せ、再び注目される存在となるだろう。一方、ボート競技の強豪国である英国はわずかメダル2個にとどまり、アメリカ合衆国は4連覇を目指した女子エイトで4位に終わり、手ぶらで帰国した。

フランスは、ヒューゴ・ブシュロンマチュー・アンドロディアスが男子ダブルスカルで2018年の世界タイトルにオリンピック金メダルを加え、ローラ・タラントラクレア・ボヴェが女子軽量ダブルスカルで銀メダルを獲得した。彼らは、東京大会で0.14秒差で金メダルを獲得したイタリアのヴァレンティーナ・ロディーニフェデリカ・チェザリーニと対戦する可能性がある。

ともに22歳という若さで女子ダブルスカルを制したルーマニアのアンクツァ・ボドナルシモナ・ラディシュは、パリ大会でも活躍が期待される。

クロアチア出身の兄弟、マルティン・シンコヴィッチバレント・シンコヴィッチは、リオ2016のダブルスカルで優勝し、東京ではペアで金メダルを獲得。さらなる栄光のためパリを目指すだろう。

ボート、パリ2024までの流れ

  • 2022年12月31日:国際ボート連盟が大陸別オリンピック予選大会の開催地を決定する
  • 2023年9月3日~10日:2023年世界ボート選手権大会(セルビア・ベオグラード)
  • 2023年9月15日〜2023年9月15日:国際ボート連盟は国内オリンピック委員会に対し、出場枠の割り当てを文書で通知する
  • 2023年9月29日:国内オリンピック委員会は割り当てられた出場枠の使用意思を国際ボート連盟に表明する
  • 2023年10月6日:国際ボート連盟は未使用の出場枠をすべて再配分する
  • 未定:アフリカ大陸予選
  • 未定:アメリカ大陸予選
  • 未定:アジア/オセアニア大陸予選
  • 未定:ヨーロッパ大陸予選
  • 2024年5月19日~21日(未定): オリンピック最終予選(スイス・ルツェルン)
  • 各予選に関連して:大会後5日以内に国際ボート連盟は国内オリンピック委員会に対し、出場枠を書面で通知する
  • 大会の2週間後:国内オリンピック委員会は出場枠の使用意思を国際ボート連盟に表明する
  • 上記の各ステップから5日以内:国際ボート連盟は未使用の出場枠をすべて再配分する
  • 未定:三者委員会は、国内オリンピック委員会へのユニバーサリティ枠の割り当てを文書で通知する(該当する場合)
  • 2024年6月7日:国際ボート連盟は未使用の出場枠をすべて再配分する
  • 2024年7月8日:パリ2024エントリー締め切り
  • 2024年7月25日:オリンピック・ボート競技組み合わせ抽選
  • 2024年7月26日~8月11日:パリ2024オリンピック競技大会

パリ2024への道、記事一覧

ウエイトリフティングゴルフ柔道体操競技テニストライアスロン馬場馬術バレーボールハンドボールマウンテンバイクレスリング

パリ2024各競技の出場資格取得プロセスについて、より詳しい内容はこちらから。

オリンピックに向けて。 これらすべてをゲット。

スポーツイベントを無料でライブ観戦。さまざまなシリーズに無制限アクセス。 他には真似のできないオリンピックニュース&ハイライト