【MLB】エンゼルス大谷翔平は7回1失点10奪三振で8勝目…自ら決勝打放つ

MLBロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平は現地時間7月6日、マイアミ・マーリンズ戦に3番・投手で出場。投げては7回1失点の好投で8勝目、5回には自ら決勝打を放つ活躍を見せた。

文: オリンピックチャンネル編集部
写真: Getty Images

北米プロ野球MLB(メジャーリーグベースボール)公式戦が現地時間7月6日に行われ、大谷翔平が所属するロサンゼルス・エンゼルスはローンデポ・パーク(アメリカ合衆国フロリダ州マイアミ)でマイアミ・マーリンズと対戦した。

3番投手で先発出場した大谷は、初回に味方のエラーをきっかけに1点を失う。2回も一死一、二塁のピンチを迎えたが、後続を打ち取り無失点で切り抜けると、ここから勢いに乗る。3回から6回までは1人の走者も許さない完全投球を披露。7回には2四球でピンチを迎えたが、最後は空振り三振に抑えて得点を許さなかった。

打者としては第1打席、第2打席は凡退。しかし1-1で迎えた5回二死満塁の第3打席では、三遊間を破る逆転の2点タイムリーを放ってみせた。7回の第4打席では四球で出塁すると、次打者の打席で二盗に成功。後続のタイムリーで5点目のホームを踏んだ。

試合は大谷の投打に渡る活躍などで、5-2でエンゼルスが快勝。

大谷は投手としては7回100球を投げて1失点(自責0)、2安打、10奪三振、3四球という内容で8勝目をマーク。今季通算では8勝4敗、防御率2.44、111奪三振としている。打者としては4打数1安打、2打点、1得点、1三振、1四球、1盗塁という内容で、打率.259(301打数78安打)、18本塁打、53打点としている。

エンゼルスは現地時間7月7日から、オリオール・パーク(アメリカ合衆国メリーランド州ボルチモア)でボルチモア・オリオールズとの4連戦に臨む。

オリンピックに向けて。 これらすべてをゲット。

スポーツイベントを無料でライブ観戦。さまざまなシリーズに無制限アクセス。 他には真似のできないオリンピックニュース&ハイライト