【3月3日】競泳・国際大会日本代表選手選考会の日程・放送予定|東京2020金メダリスト大橋悠依が登場

文: オリンピックチャンネル編集部
写真: Getty Images

3月2日に競技がスタートした、競泳の国際大会日本代表選手選考会(東京辰巳国際水泳場/東京都江東区)。3日は女子400m個人メドレーが行われ、東京2020オリンピック同種目金メダリストの大橋悠依らがFINA(国際水泳連盟)世界選手権日本代表の座を争う。ここでは3日の日程や放送予定、見どころを紹介する。

国際大会日本代表選手選考会(日本水泳連盟)

■日程・放送予定(3月3日)

予選

  • 女子50m平泳ぎ 10:00
  • 男子50m平泳ぎ
  • 女子400m個人メドレー
  • 女子200m自由形 10:41
  • 男子200m自由形
  • 女子100m背泳ぎ
  • 男子100m背泳ぎ
  • 女子800m自由形 11:40

放送予定:日本水泳連盟YouTube

決勝

  • 男子1500m自由形 16:00
  • 女子50m平泳ぎ
  • 男子50m平泳ぎ
  • 女子400m個人メドレー 16:46
  • 女子200m自由形
  • 男子200m自由形
  • 女子100m背泳ぎ 17:22
  • 男子100m背泳ぎ

放送予定:CSテレ朝チャンネル1(16:00~18:00)

競技日程(PDF)

■見どころ(3月3日)

3月3日は女子400m個人メドレーに、同種目日本記録保持者の大橋悠依が登場。大橋は東京2020同種目で金メダルを獲得したが、世界選手権のタイトルはまだ手にしていない。日本代表選手選考会で結果を残し、初の世界選手権制覇を目指したい。東京2020日本代表選考会を兼ねて行われた第97回日本選手権(2021年4月)で、大橋に次ぐ2位だった谷川亜華葉らもエントリーしている。

男子200m自由形には、日本記録保持者で2019年7月の第18回世界選手権同種目準優勝の松元克央が出場。男子100m背泳ぎにも日本記録保持者がエントリー。ロンドン2012同種目銅メダルの入江陵介が、世界選手権日本代表入りを狙う。

国際大会日本代表選手選考会ではその名の通り、国際大会の日本代表が選考される。本大会の成績によって世界選手権、第31回FISU(国際大学スポーツ連盟)ワールドユニバーシティゲームズ(中華人民共和国・成都/6月26日-7月7日)、第19回アジア競技大会2022(中華人民共和国・杭州/9月10日-25日)の日本代表選手が決定される。なお世界選手権は、第19回大会が5月に福岡県福岡市で開催される予定だったが、新型コロナウイルスの感染拡大により、2023年7月に延期。FINAは2月7日、世界選手権を6月18日から7月3日にかけ、ハンガリー・ブダペストで開催することを発表している。

2022年度 国際大会派遣標準記録(日本水泳連盟)

※情報は公開時点のものです。変更される可能性もあるため、最新情報は公式サイトよりご確認ください。

オリンピックに向けて。 これらすべてをゲット。

スポーツイベントを無料でライブ観戦。さまざまなシリーズに無制限アクセス。 他には真似のできないオリンピックニュース&ハイライト