【ゴルフ】ニッポンハムレディスC第4日:西村優菜が逃げ切り今季JLPGAツアー2勝目

2022JLPGA(日本女子プロゴルフ協会)ツアー第19戦「ニッポンハムレディスクラシック」が7月10日、北海道苫小牧市・桂ゴルフ倶楽部で最終ラウンドを行った。首位から出た西村優菜が通算18アンダーで逃げ切り優勝。今季ツアー2勝目を挙げている。

文: オリンピックチャンネル編集部
写真: 2022 Getty Images

2022JLPGA(日本女子プロゴルフ協会)ツアー第19戦「ニッポンハムレディスクラシック」が7月9日、北海道苫小牧市・桂ゴルフ倶楽部で4日目を迎えた。

2位と3打差単独首位から出た西村優菜(スターツ)は前半でスコアを1つ伸ばした。後半は10番ホールでバーディを奪い幸先良くスタートするが、12番13番ホールで連続ボギーを叩いてしまう。それでも14番ホールでバウンスバック。続く15番ホールもバーディとした。最終ラウンドを「70」のスコアで回り、通算18アンダー。2位の野澤真央(愛知製鋼)に1打差をつけ、ニチレイレディス(6月17日-19日)以来となる今季JLPGAツアー2勝目、通算では6勝目を飾った。

野澤はこの日スコアを4つ伸ばしたが、1打及ばず。2打差の3位にはペ・ソンウ(大和地所/韓国)が続く。通算14アンダーの4位には3選手。森田遥(新英ホールディングス)、福田真未(安川電機)、山下美夢有(加賀電子)だった。

「ニッポンハムレディスクラシック」は7月7日から10日まで、北海道苫小牧市・桂ゴルフ倶楽部(6763ヤード/パー72)で開催。賞金総額1億円、優勝賞金1800万円となっている。

オリンピックに向けて。 これらすべてをゲット。

スポーツイベントを無料でライブ観戦。さまざまなシリーズに無制限アクセス。 他には真似のできないオリンピックニュース&ハイライト