【ゴルフ】NEC軽井沢72ゴルフT第3日:岩井千怜が逃げ切り初優勝!2位タイには6名が並ぶ

2022JLPGAツアー第23戦「NEC軽井沢72ゴルフトーナメント」は8月14日に最終日を迎え、首位スタートの岩井千怜が通算13アンダーとスコアを伸ばしてツアー初優勝を飾った。2位タイには岡山絵里、植竹希望、勝みなみ、 吉田優利、 堀琴音、 吉本ひかるの6名が並んだ。

文: オリンピックチャンネル編集部
写真: 2022 Getty Images

2022JLPGAツアー第23戦「NEC軽井沢72ゴルフトーナメント」は8月14日、長野県北佐久郡軽井沢町・軽井沢72ゴルフ北コース(6679ヤード/パー72)で最終の第3ラウンドを行った。

前日首位の岩井千怜(Honda)が、前半ホールで連続バーディーを奪って好調な滑り出しを見せる。7番ホールでボギーとなりひとつ落としたものの、17番ホールまでにトータル5バーディーとする。最終の18番は「ドキドキしてパットを外してしまった」と自身で振り返るも、ボギーでおさえ、「69」でホールアウト。最終的にスコアをひとつ伸ばして通算13アンダーとし、そのまま逃げ切ってツアー初優勝のタイトルをその手中に収めた。

「初優勝できて、すごく嬉しく思います」

「(次回)優勝争いする時には、最後かっこよく決められるように、緊張に勝てるような自分になって帰って来たいと思います」

- 岩井千怜・大会優勝スピーチより

1打差となる通算12アンダーの2位タイには、岩井と同じく前日首位からスタートした吉本ひかる(マイナビ)をはじめ、前日3位タイからのスタートだった堀琴音(ダイセル)と吉田優利(エプソン)、前日5位タイ発進の勝みなみ(明治安田生命)、さらに前日11位タイからスコアを6つ伸ばして急上昇した岡山絵里(ニトリ)と植竹希望(サーフビバレッジ)の合計6名が並んだ。

NEC軽井沢72ゴルフトーナメントの賞金総額は8000万円、優勝賞金は1440万円となっている。

大会公式HPJLPGA公式HP

オリンピックに向けて。 これらすべてをゲット。

スポーツイベントを無料でライブ観戦。さまざまなシリーズに無制限アクセス。 他には真似のできないオリンピックニュース&ハイライト