【サッカー】キリン杯:日本代表がガーナ代表に4-1勝利…久保建英と前田大然に代表初ゴール

キリンカップサッカー2022が6月10日に開幕。SAMURAI BLUE(男子日本代表)はガーナ代表と対戦し、久保建英(RCDマジョルカ/スペイン)、前田大然(セルティック/スコットランド)の日本代表初得点などにより、4-1で勝利を収めた。次戦は14日のチュニジア代表戦。

文: 渡辺文重
写真: Getty Images

4カ国による男子サッカーの国際トーナメント「キリンカップサッカー2022」が6月10日、ノエビアスタジアム神戸(兵庫県神戸市)で開幕。SAMURAI BLUE(日本代表)はガーナ代表との初戦(18時55分キックオフ)を迎えた。

日本は29分、山根視来(川崎フロンターレ)のゴールで先制。しかし43分、自陣でのミスからガーナ代表FWジョーダン・ピエール・アユーに得点を奪われ、同点とされる。それでも前半アディショナルタイム、日本は三笘薫(ユニオン・サンジロワーズ/ベルギー)がゴールを決め、1点リードで前半を終える。

日本は後半も主導権を握ると、73分には久保建英(RCDマジョルカ/スペイン)、82分には前田大然(セルティック/スコットランド)がそれぞれ日本代表初得点を挙げ、4-1で勝利を収めた。

■日本代表スターティングメンバーおよび交代出場選手

  • GK 1 川島 永嗣
  • DF 2 山根 視来(85分 →中山 雄太)
  • DF 3 谷口 彰悟
  • DF 22 吉田 麻也(HT →板倉 滉)
  • DF 26 伊藤 洋輝
  • MF 6 遠藤 航(69分 →田中 碧)
  • MF 7 柴崎 岳
  • MF 11 久保 建英
  • MF 15 三笘 薫(80分 →南野 拓実)
  • MF 21 堂安 律(69分 →伊東 純也)
  • FW 25 上田 綺世(80分 →前田 大然)

■森保一監督コメント

(6月6日のキリンチャレンジカップ2022で)ブラジル代表に敗れていたため、ホームで連敗できないということで、選手たちが良い準備をしてくれた。メンバーが入れ替わった中で、誰が出ても勝つ、誰が出てもチームとして機能することに、選手たちが良いトライをしてくれました。(ガーナ戦の収穫は)多くの選手を試せたということ。システム面でもグループ戦術でも、いろいろな選手を組み合わせて戦っていくことにトライしてくれた。

■チュニジア代表がチリ代表に勝利

日本代表戦に先立ち、キリン杯の開幕戦、チリ代表とチュニジア代表による試合がノエビアスタジアム神戸にて、15時15分キックオフで行われた。チュニジアは41分にDFアリ・エラブディ、89分にFWイサム・ジェバリがゴールを決め、2-0で白星。チリは後半アディショナルタイムにPKを獲得するも、チュニジア代表GKアイメン・ダーメンの好守にはばまれた。

キリンカップは14日、パナソニック スタジアム 吹田(大阪府吹田市)で2試合を実施。チリとガーナ、日本とチュニジアが対戦を行い、順位を決定する。

オリンピックに向けて。 これらすべてをゲット。

スポーツイベントを無料でライブ観戦。さまざまなシリーズに無制限アクセス。 他には真似のできないオリンピックニュース&ハイライト