Loading...

【サッカー】ドイツ戦MVPのGK権田修一「Jリーグ全ての代表としてここに立っている」

FIFAワールドカップカタール2022は現地時間11月23日、グループステージ4試合を実施。E組の日本代表・SAMURAI BLUEはドイツ代表を2-1でくだし、初戦を勝利で飾った。FIFAより同試合のマンオブザマッチに選出されたGK権田修一が、インタビューに応じている。

1 By オリンピックチャンネル編集部
GettyImages-1443885394
(写真: GETTY IMAGES)

FIFA(国際サッカー連盟)ワールドカップ(W杯)カタール2022は現地時間11月23日、グループステージ4試合を実施。E組の日本代表・SAMURAI BLUEはドイツ代表と対戦した。

前半はドイツが一方的に攻め込む展開。ドイツは33分に先制するとその後もゴールに迫る。だが日本はGK権田修一を中心に守り、前半を1失点でしのいだ。日本は巻き返すべく、後半開始と同時に4バックから3バックに布陣を変更。ドイツに決定機を幾度なく作られるも、権田ら守備陣が耐える。すると75分に堂安律、83分に浅野拓磨が得点し逆転に成功。2-1で優勝候補のドイツを下し、優勝候補との大会初戦を制した。

ドイツに26本のシュートを浴びながら1失点に抑え大金星の立役者となった権田は、FIFAよりこの試合のマンオブザマッチ(MVP)に選出。試合後のインタビューで殊勲の守護神は、「今日はこれだけ攻められることはイメージしていた。身体を張ってくれたDFと協力して守れたことが良かった」と初戦の勝利を振り返った。

Jリーグの清水エスパルス所属の権田は、Jリーガーとしての誇りを持ち、W杯の舞台で奮闘している。

「僕は日本のJリーグでプレーしており、Jリーグ全ての代表としてここに立っている。日本代表は海外でプレーしているが多いが、僕みたいにJリーグでプレーしていてもこれだけ世界で戦える。Jリーグをアピールする良いチャンスだと思う。残りの試合でもそのことを見せていきたい」

これをお気に入りに追加
サッカーサッカー
もっと見る

You May Like