【カヌー】スラローム世界選手権:足立和也がMK1決勝で9位、羽根田卓也はMC1準決勝で敗退

ICF(国際カヌー連盟)カヌースラローム世界選手権が7月26日から31日にかけ、ドイツ・アウクスブルクで開催された。男子カヤックシングルの足立和也が決勝で9位。男子カナディアンシングルの羽根田卓也はMC1準決勝で敗退した。

文: オリンピックチャンネル編集部
写真: 2021 Getty Images

ICF(国際カヌー連盟)カヌースラローム世界選手権が7月26日から31日にかけ、ドイツ・アウクスブルクで開催された。

■カヤック

男子カヤックシングル(MK1)では足立和也(ヤマネ鉄工建設株式会社)が、準決勝上位10選手による決勝に進出。決勝では9位だった。田中雄己(駿河台大学カヌー部)は準決勝敗退、武藤裕亮(日本体育大学/青梅市カヌー協会)は予選敗退となっている。

女子カヤックシングル(WK1)の矢澤亜季(昭和飛行機都市開発株式会社)は準決勝敗退、伊藤くるみ(早稲田大学/青梅市カヌー協会)と三島は予選通過はならなかった。同種目はTokyo2020金メダルのリカルダ・ファンク(ドイツ)が優勝している。

パリ2024から新たに実施種目となるカヤックエクストリームには、日本から男子の田中と武藤、女子の伊藤が出場。武藤と伊藤は予選、田中はタイムトライアル敗退だった。

■カナディアン

リオデジャネイロ2016オリンピック男子カナディアンシングル(MC1)銅メダリスト羽根田卓也(ミキハウス)は、準決勝で29位。上位10選手による決勝に進むことはできなかった。佐々木将汰(万六建設株式会社)と齋藤彰太(相模原市カヌー協会)は予選で敗退した。

女子カナディアンシングル(WC1)の三島廉(万六建設株式会社)は予選敗退。MC1とWC1はともにドイツ勢のTokyo2020銅メダリスト、シデリス・タシアディスとアンドレア・ヘルツォクが制した。

2022 ICF CANOE SLALOM WORLD CHAMPIONSHIPS(ICF)

オリンピックに向けて。 これらすべてをゲット。

スポーツイベントを無料でライブ観戦。さまざまなシリーズに無制限アクセス。 他には真似のできないオリンピックニュース&ハイライト