【7月1日,3日】バスケットボールW杯アジア地区予選W3の放送予定|AKATSUKI FIVEが豪州、台湾と対戦

「FIBAバスケットボールワールドカップ2023アジア地区予選」 Window3が7月1日、3日にオーストラリア・メルボルンのジョン・ケイン・アリーナで開催される。5人制男子日本代表・AKATSUKI FIVEがオーストラリア代表、チャイニーズ・タイペイ代表と対戦。放送予定を紹介する。

文: オリンピックチャンネル編集部
写真: 2021 Getty Images

FIBA(国際バスケットボール連盟)バスケットボールワールドカップ2023アジア地区予選は7月1日、3日にWindow3の試合をオーストラリア・メルボルンのジョン・ケイン・アリーナで実施。すでに開催国枠で出場権を獲得している5人制男子日本代表・AKATSUKI FIVEは、オーストラリア代表戦(1日)、チャイニーズ・タイペイ代表戦(3日)に臨む。ここでは日本が出場する2試合の放送予定を紹介する。

■日程・放送予定

※時刻は日本時間

7月1日(金)18:40開始

日本 vs.オーストラリア

【放送予定】

7月3日(日)15:10開始

日本 vs.チャイニーズ・タイペイ

【放送予定】

■見どころ

日本、インドネシア、フィリピンで2023年8月25日から開催されるFIBAバスケットボールワールドカップ2023。2022年7月1日からはアジア地区予選 Window3が実施される。開催国枠で本大会出場権を手にしている日本(FIBA世界ランキング38位)は、1日にオーストラリア(同3位)、3日にチャイニーズ・タイペイ(同69位)と対戦する。

W杯に向け強化を進める日本にとっては、本大会出場権を手にしているとは言え今回の予選は重要な強化の場。特に世界ランキング3位でTokyo2020オリンピックで銅メダルに輝いたオーストラリアとの一戦は、世界トップレベルを肌で感じられる貴重な試合となる。

■日本代表予備登録メンバー

  • 古川 孝敏(SF/190cm/秋田ノーザンハピネッツ)
  • 谷口 大智(PF/201㎝/茨城ロボッツ)
  • エヴァンス ルーク(C/203㎝/ファイティングイーグルス名古屋)
  • 永吉 佑也(PF/198㎝/京都ハンナリーズ)
  • 藤井 祐眞(PG/178㎝/川崎ブレイブサンダース)
  • 須田 侑太郎(SG/190㎝/名古屋ダイヤモンドドルフィンズ)
  • 張本 天傑(PF/198㎝/名古屋ダイヤモンドドルフィンズ)
  • 野本 建吾(PF/201㎝/群馬クレインサンダーズ)
  • 富樫 勇樹(PG/167cm/千葉ジェッツ)
  • 渡邊 雄太(SF/206cm/トロントラプターズ)
  • 佐藤 卓磨(SF/197cm/千葉ジェッツ)
  • 齋藤 拓実(PG/172㎝/名古屋ダイヤモンドドルフィンズ)
  • 馬場 雄大(SG/195㎝/-)
  • フリッピン コー(SG/188cm/琉球ゴールデンキングス)
  • 小島 エリエット 海(PF/198cm/大阪エヴェッサ)
  • ラシード ファラーズ(C/202cm/千葉ジェッツ)
  • 吉井 裕鷹(SF/196cm/アルバルク東京)
  • 川真田 紘也(C/202cm/滋賀レイクスターズ)
  • 小酒部 泰暉(SG/187cm/アルバルク東京)
  • テーブス 海(PG/188㎝/宇都宮ブレックス)
  • 西田 優大(SG/190㎝/シーホース三河)
  • 井上 宗一郎(PF/201cm/サンロッカーズ渋谷)
  • 富永 啓生(SG/188㎝/ネブラスカ大学)
  • 河村 勇輝(PG/172㎝/横浜ビー・コルセアーズ)

※最終エントリーメンバーはこのうち12名
※氏名表記は「姓→名」の順
※所属は2022年6月21日現在
※ポジションはPG=ポイントガード、SG=シューティングガード、SF=スモールフォワード、PF=パワーフォワード、C=センター

オリンピックに向けて。 これらすべてをゲット。

スポーツイベントを無料でライブ観戦。さまざまなシリーズに無制限アクセス。 他には真似のできないオリンピックニュース&ハイライト