【プロ野球】オールスター第2戦:柳田悠岐の決勝ソロでパ・リーグが2連勝…佐々木朗希は球宴日本人最速タイをマーク

プロ野球のマイナビオールスターゲーム2022は7月27日、坊っちゃんスタジアム(愛媛県松山市)で第2戦が行われた。柳田悠岐のソロホームランが決勝打となり、パ・リーグ2-1で2連勝。先発の佐々木朗希は大谷翔平に並ぶオールスターでの日本人最速タイ、162キロを投じファンを沸かせた。

文: オリンピックチャンネル編集部
写真: 時事通信

プロ野球のマイナビオールスターゲーム2022は7月27日、坊っちゃんスタジアム(愛媛県松山市)で第2戦を実施。パ・リーグが2-1で勝利し、2連勝で幕を閉じた。

第2戦のセ・リーグ先発は床田寛樹(広島)。1回表、床田は清宮幸太郎(日本ハム)、柳田悠岐(ソフトバンク)にヒットを許し、1アウト1、2塁のピンチを招くが、レアードを5-4-3のダブルプレーで打ち取り切り抜けた。

パ・リーグは今シーズン、完全試合を達成し話題を呼んだ佐々木朗希(ロッテ)が先発マウンドへ。バッテリーを組んだ松川虎生(同)は続けてストレートを要求する中、ウォーカー(巨人)に投じた一球が162キロをマーク。当時、日本ハムの大谷翔平(エンゼルス)が記録したオールスターでの日本人最速記録に並んだ。しかし、このボールはセンター前ヒットに。続く山田哲人(ヤクルト)、 村上宗隆(同)に連打を許し、1アウト1、2塁から佐藤輝明の犠牲フライで1失点を喫した。佐々木朗希はこの回限りで降板。打者6人に23球を投げ、被安打3、失点1の内容だった。

先制を許したパ・リーグは2回、 島内宏明(楽天)、牧原大成(ソフトバンク)の連打で作ったチャンスから、松川がライトへのタイムリーヒットで同点に追いついた。その後は本田圭佑(西武)、山本由伸(オリックス)、東浜巨(ソフトバンク)、小野郁(ロッテ)が1回ずつの零封リレー。6回に柳田悠岐(ソフトバンク)がセ・リーグの4番手・岩崎優(阪神)からレフトスタンドへのソロホームランを放ち、試合をひっくり返した。

その後は最後までゼロが並ぶ投手戦となった。セ・リーグは栗林良吏(広島)、R.マルティネス(中日)、マクガフ(ヤクルト)で7、8、9回の継投で零封。パ・リーグは水上由伸(西武)、岸孝之(楽天)、伊藤大海(日本ハム)のリレーで8回までを完封。9回は各チームの守護神をつぎ込み、モイネロ(ソフトバンク)、松井裕樹(楽天)、益田直也(ロッテ)が1打者ずつを打ち取った。

試合は2-1でパ・リーグが勝利。前日に続き、パ・リーグの連勝で幕を閉じた。通算成績はパ・リーグが88勝に伸ばし、セ・リーグが80勝にとどまっている。また、第2戦のMVPには逆転ホームランの柳田が選出された。

【第2戦表彰選手】

  • 最優秀選手賞:柳田悠岐
  • 敢闘選手賞:松川虎生、村上宗隆、大野雄大
  • マイナビ賞:村上宗隆

オリンピックに向けて。 これらすべてをゲット。

スポーツイベントを無料でライブ観戦。さまざまなシリーズに無制限アクセス。 他には真似のできないオリンピックニュース&ハイライト