【バドミントン】山口茜が髙橋沙也加を下す…日本人対決を制しベスト8へ|世界選手権2022

東京体育館にて開催中の「世界バドミントン選手権大会2022」は8月25日に大会4日目を迎え、各種目3回戦を実施。女子シングルスでは山口茜と髙橋沙也加による日本人対決が行われ、連覇を狙う山口がストレートで準々決勝進出を決めた。山口は「焦らずに自分のペースでやれた」と手応えを語った。

文: オリンピックチャンネル編集部
写真: Badmintonphoto | Courtesy of BWF

WF(世界バドミントン連盟)が主催する「世界バドミントン選手権大会2022(世界バドミントン)」は8月25日、東京体育館(東京都渋谷区)で4日目を迎え、各種目3回戦が行われた。

女子シングルスでは山口茜(株式会社再春館製薬所社員)、髙橋沙也加(BIPROGY株式会社社員)による日本人対決が行われた。第1シードで前回大会優勝の山口が序盤からリードをもって試合を進めたが、中盤の髙橋の4連続ポイントで一時逆転。それでも「焦らずに自分のペースでやれた」と盛り返し、21-18で第1ゲームを制した。

続く第2ゲームも山口が流れを握り続けた。相手のミスもあった中で着実にポイントを重ね、21-7と圧倒した。第2ゲームの点差が開いたことについて、山口は「1ゲーム目でしっかり我慢してラリーして、取り切れたことが大きく影響した」と分析した。

山口はこれで準々決勝が決定。大堀彩(トナミ運輸株式会社社員)もすでに敗退しており、この種目で唯一8強に進んだ日本人となった。準々決勝ではキャロリーナ・マリン(スペイン)と対戦。「久しぶりの対戦を楽しめたら」と準々決勝を見据えた。

山口茜 試合後コメント

全体的に、一昨日よりもスムーズに動けていました。1ゲーム目はリードされる場面もありましたが、焦らずに自分のペースでやれたと思います。2ゲーム目は髙橋さんにミスが増えたということもありましたが、1ゲーム目でしっかり我慢してラリーして、取り切れたことが大きく影響したと思います。

(マリンについて)もともとスピードがあって、攻撃的な選手だと思います。最近はケガもあって、どういうプレーしてくるかわかりません。久しぶりの対戦を楽しめたらと思います。

大会公式HPBWF大会公式HP

■日本代表選手

男子(16名)

  • 桃田賢斗(東日本電信電話株式会社社員)
  • 常山幹太(トナミ運輸株式会社社員)
  • 西本拳太(株式会社ジェイテクト社員)
  • 奈良岡功大(IMG)
  • 保木卓朗(トナミ運輸株式会社社員)
  • 小林優吾(トナミ運輸株式会社社員)
  • 古賀輝(東日本電信電話株式会社社員)
  • 齋藤太一(東日本電信電話株式会社社員)
  • 竹内義憲(株式会社日立情報通信エンジニアリング社員)
  • 松居圭一郎(株式会社日立情報通信エンジニアリング社員)
  • 岡村洋輝(BIPROGY株式会社社員)
  • 小野寺雅之(BIPROGY株式会社社員)
  • 渡辺勇大(BIPROGY株式会社所属)
  • 金子祐樹(BIPROGY株式会社社員)
  • 山下恭平(東日本電信電話株式会社社員)
  • 緑川大輝(早稲田大学4年)

女子(16名)

  • 山口茜(株式会社再春館製薬所社員)
  • 奥原希望(太陽ホールディングス株式会社所属)※8月19日付出場辞退
  • 髙橋沙也加(BIPROGY株式会社社員)
  • 大堀彩(トナミ運輸株式会社社員)
  • 福島由紀(株式会社丸杉社員)
  • 廣田彩花(株式会社丸杉社員)
  • 永原和可那(株式会社北都銀行社員)
  • 松本麻佑(株式会社北都銀行社員)
  • 志田千陽(株式会社再春館製薬所社員)
  • 松山奈未(株式会社再春館製薬所社員)
  • 中西貴映(BIPROGY株式会社社員)
  • 岩永鈴(BIPROGY株式会社社員)
  • 東野有紗(BIPROGY株式会社社員)
  • 松友美佐紀(BIPROGY株式会社社員)
  • 篠谷菜留(東日本電信電話株式会社社員)
  • 齋藤夏(認定NPO法人ACT SAIKYO)

オリンピックに向けて。 これらすべてをゲット。

スポーツイベントを無料でライブ観戦。さまざまなシリーズに無制限アクセス。 他には真似のできないオリンピックニュース&ハイライト